新着Pick
591Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
最近Newspicksは宇宙づいているな。今回はAxelspaceの中村社長のインタビュー。安全保障だけじゃないというのはその通りだけど、地球観測画像の最大の顧客は防衛省なので、そのお客さんを排除するとなかなかビジネス的には厳しいかもしれない。
人気 Picker
お、アクセルスペース!日本の宇宙ベンチャーで実績をいちばん出しているのは恐らくここでしょう。話題にはなれどまだ宇宙に何も打ち上げてなかったり売り上げを殆ど出していなかったりの会社が多くある中で、ここはすでに衛星を10機近く製造・打ち上げしており、この画像サービスの提供も始めています。ちょうど昨日、シリーズC調達のニュースがありましたね(NewsPicksではスルーされてましたが笑)出資元であるスパークスの宇宙ファンドの技術アドバイザーとして少しだけお手伝いさせていただきました。

実績に比して名前が知られていないのは、中村さんが商売人ではなく技術肌の人で、あることないことを大風呂敷を広げて売り込む子が苦手だからかもしれません。逆に言えばしっかり技術に根ざしてやってきた会社です。

実は中村さん、中須賀研の3つ上の先輩で、学生時代はいろいろと教えていただきました。2年ほど前にインタビューした記事があります。メディア受けするタイプではないかもですが、信念とビジョンを持っている人です。

前編 行きたい会社がなければ、作ればいいんだ
https://note.com/pequod_crews/n/n3f229bd134f7

後編 宇宙産業という言葉をなくしたい
https://note.com/pequod_crews/n/n602b1ca7fcbb
心配なのは財務.社会的な後押しもあり資金調達は順調なので,すぐにどうということは無いですが,いつ黒字化できるか.
記事にあるサブスクサービスが以下の「Axcel Globe」
https://www.axelglobe.com/ja/
料金体系が分からないのですが,なぜ画像の売り切りではなくサブスクリプションなのだろう.
たとえば,昨日ニュースに挙がった「衛星画像ICEYEが「1万平方キロ」をカバーする画像サービスを始動」
https://newspicks.com/news/5849210
ですが,どういうサービスかは記事を見る限り分からないのですが,以下を見るとデータの注文販売のようです.
https://www.aw3d.jp/products/iceye%E8%A1%9B%E6%98%9F%E7%94%BB%E5%83%8F/
アクセルスペースがサブスクにする理由は,私が考えるに衛星の数はまだ少なく(撮影頻度が少なく),ICEYEのSARなどと違って可視データなので日照,雲などの天候に画像が左右されるために,画像の質が確保できないことにあるのではないか.そのためにサブスクにしているのではないかと思う(私の勘ぐりです).
要は,今後,衛星開発を促進し,コンステレーションの規模を上げて撮影量・データ量と頻度を上げていくことに期待し,そうしないとビジネスとしての成立は難しいのは無いかと感じている.
ポンポン打ち上げられる体制をいま準備しております。もう少しお待ち下さい
衛星画像の活用イメージが湧かなかったのでHPを見てみました。
https://www.axelspace.com/axelglobe-jpn?lang=ja

以下のような使われ方をするようです。
・農業
作付面積や生育の状況の確認、画像分析から収穫適期の把握、水・肥料の管理など。
・森林
違法伐採の早期発見、森林の樹種判断等の管理。
・インフラモニタリング
長距離にわたるパイプラインや外洋に浮かぶプラント、メガソーラーなど、大規模なインフラのモニタリング。
衛星画像は産学官どのプレーヤーでも興味を示す魅力あるコンテンツですが、なかなかお金を出すまでには至らない。それはユースケースが思いつかないからだと思います。

数機の衛星ではリアルタイムに画像を取ることは難しい。下手したら月に一回という頻度です。であれば現段階では、アーカイブされたデータを活用する方が良いかもしれません。
例えば「この1年間の変化を見る」みたいなユースケースです。
農業で活用できそうなのは、このようなユースケースがはまりやすいからだと思います。
衛星製造のスキルと画像技術の両方があるのが強みですね。衛星の製造請負はマネタイズしやすいように感じました。一つの衛星を多機能すればスポンサーを見つけやすいでしょうね。
そう考えるとやはりSpaceXとStarlinkの垂直統合は最強説。
打ち上げが2億〜4億…
ドローンでの空撮では賄えないのかが疑問なのですが、どうなのでしょうか。
こういう技術ベースのベンチャーが実績を上げつつあるのって、心強いですね。取材をありがとうございます。NewsPicksやるなぁ。
この連載について
今や、民間企業が宇宙開発を行うことは当たり前の時代になった。イーロン・マスクやジェフ・ベゾスといった大富豪が、巨大なビジネスチャンスめがけて参入している。NewsPicksは日本の宇宙ベンチャーをリードする2社のトップを直撃。「民間宇宙時代」における日本の勝ち筋をお届けする。