新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
SBI地銀ホールディングスが目指している地銀10行との資本提携が、ほぼ目処が立ってきたように見える。これから住信SBIネット銀行など傘下の銀行の統合などを進めていくのか、あくまでも地銀連合なのか気になる。
人気 Picker
出資は場から買うということで増資ではない点がポイント。
島根や福島銀行のように増資により主要株主になるような資本提携ではない。
ちなみに、筑波銀行の公的資金優先株の一斉取得期限は2031年ということで、増資まで踏み込む必要がなかったと見られる。
「SBIは地銀同士の合併ではなく、証券サービスやデジタル技術などの知見を提供することで、成長を後押しする考え」 (@@。
既に報じられているところから受ける印象に過ぎませんが、「資本業務提携」といってもSBIが資本とノウハウをバックに地銀を傘下に入れて支配するイメージでなく、「地銀連合」を構成する地銀さんをむしろお客さんと捉えて地銀顧客との間に金融仲介のプラットフォームを作るといったところでしょうか。地銀の基幹システムを共同運行して合理化する仕組みはありましたが、金融ノウハウが入る分、付加価値が高いように思います。順調に提携先が伸びているようですが、たぶん、地銀さんにとっては経営への介入が強まる合併等より入り易いのでしょうね・・・ 動きの速さにSBIさんらしさを感じます(・・
SBIはオンライン起源でリテール依存。将来リテールのコモディティ化・手数料のさらなる低下・無料化を見越し、新たな収益源として投資銀行業務を考えているのでしょう。そのための顧客開拓の手法として、地銀の株を持ってインフラと顧客をシェアする、将来金利が上がれキャピタルゲインを。そんな算段だと思います。
株式会社筑波銀行(つくば ぎんこう、英称:Tsukuba Bank, Ltd.)は、茨城県の土浦市に本店を、つくば市に本部機能を置く地方銀行である。2010年(平成22年)3月1日に関東つくば銀行が茨城銀行を吸収合併し、誕生した。いわゆる、戦後地銀である。 ウィキペディア
時価総額
142 億円

業績

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
6,503 億円

業績