新着Pick
620Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
バルミューダにスマホ作りません?と話していたやつが現実になったの。個人的にはすごい興味津々だったりするw
人気 Picker
素晴らしい!ニッポンの家電、特に白物家電はデザイン面で欧米勢に明らかに負けていました。バルミューダが現れるまでは。今では私の周りのデザイン好きのブラジル人の友人達はバルミューダはいつになったらブラジルで発売されるんだ、と聞いてきます。海外の富裕層はデザイン重視の傾向が強く、値段を見ずに購入されます。先日もお手伝いさせて頂いている店舗で100インチのTVとサウンドバー、ソファ、テーブル、フロア照明をまとめて一括(約700万円)で購入して下さったお客様がいらっしゃいました。商品のスペックとストーリー、セールススタッフのきめ細やかなサービスが届けば豪快に買って下さいます。

ブラジルの携帯市場はiPhone一人勝ちではなく、サムソンを筆頭にシャオミやファーウェイの新規参入携帯もよく売れています。デザインとマーケティング、さらに他のバルミューダ製スマート家電とオンリーワンのエクスペリエンスが提供できればバルミューダ携帯はかなりのポテンシャルがあると思います。

いつの日かバルミューダのプロダクトがブラジルのお店で置かれる日が来ますように、、、是非サポートさせて頂きます!!
INFOBARしかりamadanaしかり定期的にデザイン性の高いモバイル端末は出てきますが、基本人気端末になっている印象なので、このバルミューダ端末も注目ですね。各種スマート家電ともデフォルトで繋がることを期待したいです
「バルミューダらしさ」=「OSバージョンアップが困難」
にならないと良いですね。
インタビューを読むと、バリバリのカスタムOSになりそうな不安がある。
Project Trebleの仕様に対応しているのかな。

例年通りなら、android 12の正式版が9月にリリースされる。
11月に発売予定なら、android 12の搭載も可能。
android 11で発売された場合は、12へのバージョンアップ配信がいつになるか。
android 11になる可能性が高そうなので、発売時はバージョンアップがいつになるかにも注目したいと思う。
INFOBAR A03みたいにバージョンアップが配信されない事例はよくあるので。

『バルミューダ寺尾社長、決算会見でスマホ事業参入の狙いを語る - ケータイ Watch -』
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1324304.html
その新しいスマホから今後のバルミューダ製品が全てIoT化されればもはや一石二鳥ではないでしょうか。ペルソナも富裕層ややや若年の独身世代にも引き続き人気を博しそうな点のブランディングもすでに出来上がってますし、エンドユーザーからもそういった展開が想像されること自体仕上がってますよね。
Softbank、強いですね。数カ月後にSIMフリー版が出るので、格安SIMを入れた業務用端末のニーズが期待できそうです。
 
歴史は繰り返すで、auのINFOBARといったデザインケータイが懐かしいですね。
今までの同社ラインナップはデザインがシンプル・クールに加えて”特質した機能性“という要素を含んでいますが、スマートフォンのどの部分で機能性を取り入れてくるのか楽しみです。(個人的には、イヤホンジャックのついたハイレゾ等の高音質機能が付いたスリムでタフなスマホがあれば嬉しい。あ、FeliCaも搭載してほしい、、と言い出すとキリが無い)
めちゃ楽しみ。ただいつものような、何のジャンルかわからないワクワクするティザー画像ドン!ではなくプレスリリースでしれっと発表してて、上場企業になったんだなとしみじみしてしまいました。
多くの方がバルミューダに注目しておられますが、私はむしろ京セラに注目。京セラといえばタフスマホ。このDeNAとバルミューダに共鳴点があるのかに注目します。また京セラが最近組織改変を行なっており、私にはアメーバ経営のマイナス面を打破しようとする自己変革に映ります。京セラの体質変化も楽しみです。
個人的に注目しています。トースターが話題になった際、1枚試食しました。キャップ大の入れ物の水1杯の水蒸気で、あのような味が出ることが不思議に思える、技術作品でした。武蔵野市のオフィスは、前を通りがかっただけでは存在に気付きませんが、そこから個性ある商品が出ている点で「もの作り」の拠点でもあるのだなぁと思います。
うーむ。。素人ながら、バルミューダさんは「今までデザインに注力されてなかったプロダクト分野」において、デザインで差別化されてきたのかと感じてました。つまり、デザイン面では競合がいない分野で戦う戦略なのかと。携帯ですと、競合が強すぎるような。

業績

京セラ株式会社(きょうセラ、英語: KYOCERA Corporation)は、京都市伏見区に本社を置く電子部品、ファインセラミック部品、半導体部品、情報機器、通信機器、太陽電池、セラミック、宝飾、医療用製品などを製造する大手電子部品・電気機器メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.57 兆円

業績