新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
オンライン会議の疲れを、ズーム疲れと表現されているほど、ズームが一般用語になりつつありますね。
今や子供たちもズームと言えば、そのままリモートで話すこと
特に子供たちの習い事などはカメラオンがデフォルトなので、そういうものだと感じている様子です。
1日中固まった姿勢で、自分の顔だけを見つめているのは大変疲れますから、立った状態でテレワークに入ることも工夫して行っています。また、たまには1日の中で散歩の時間を入れながら、音声だけで入ることも出来ればそれも一つのリフレッシュではないでしょうか。私は大抵カメラオンでミーティングしていますが、もちろん参加者皆さんは自由です。ですが、カメラオンで相手へのコメントに対する反応、例えば笑顔であったりうなずきであったり、顔を出していなくても、アイコンでの反応であったりと何かしらの変化をミーティング中にもたらすこと自体はむしろ集中することができます。
意識して表情が良い状態かどうかなども自分で確認できますので、ミーティング中の体の姿勢や変化する反応などを入れ込む工夫がまた、疲れさせないミーティングでもあるかなと思っています。
人気 Picker
この2日だけで12時間以上オンラインしている。この記事必読でした。会議も授業も大変効率化されたのは良いこと。ただ、自分の心身に与える影響もしっかり考えなければ。
大学だと、通信負荷を上げないという目的で多くの場合カメラオフで参加しています。なのでここに出てくるほとんどは関係なさそうです。ときどき立ち上がってストレッチしたりしてますし。
でも疲れますが。
たしかに対面型の会議では、会議中にホワイトボードを使うために立ち上がったり、会議室への移動などで気持ちを切り替える時間が持てたり、ずっと一点を見つめて視線を合わせ続けなくてもよかったりと、会議が続くことのストレスは、オンライン会議ばかりの今よりも小さかったような気がします。

ビデオをオンにしたまま一日中PC画面に向かっているよりも、時にはオフにして自分の姿を見られていない状態を作り、リラックスできる時間を混ぜるなどしながら、それぞれに合った“ストレスを軽減し集中力を維持させる工夫”を開発していきたいですね。
自分の姿を見ること、それを他人に見られることほどストレスはないのでほぼカメラオフにしてしまいます...
リモート会議で疲労する方はこちらの項目の一つをしないのもありなのでは?
言われてみれば自分が画面に写ってますが、そんなに疲れの要因なりますかね?? あと、社内の場合はビデオオフが基本なので、そこまでつかれてないんだなぁと思いました。
画面 見続けるな、ってことですよね。そんな難しいこと言わんでも。
時価総額
74.0 億円

業績