新着Pick
399Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
お互いを「リスペクト」することは、共に高め合うチームを作るために非常に重要です。
また「リスペクト」の気持ちはあっても、つい頭ごなしの否定をしてしまうことはあるものです。何か意見を言われた時に、「いや、でも・・・」と条件反射してしまうことって誰にでもありますよね。意識的に言わない努力をすることも必要なので、私は家庭内で頭ごなしの否定をしないルールを作っています。

お互いを「リスペクト」する気持ちを大切にし、頭ごなしの否定をしない訓練をすれば、どんなチームでも良い関係構築につながるものです。家族でも、友人関係でも、職場のチームでも同様です。
もし「職場では偉そうな上司なのに、家に帰ると奥さんには頭が上がらない」という人がいれば、その人はチーム作りを間違えている人なのだと思います。

良いチーム作りができれば、ポジティブなディスカッションができるようになっていきます。相手を尊重しながらブレストができ、遊び心のあるアイデアが浮かぶようになっていきます。この状態がデジタル時代に求められるチームの姿です。
人気 Picker
Netflixらしい話で感動しました。Netflixは過激なほどの率直さ、正直さを求めているので、誤解する人が出ないようハラスメントにも気を使っている。翻って「忖度」なんて言っている会社は、そもそもグレーだから、リスペクトなんて考えもしない…とならないといいと思います。
起業初期の頃、みんながリスペクトし合える職場環境にしたいと年輩の経営者の方に話したら綺麗事だと言われたのがとても印象的でした。
尊敬は相手からしろと言われるものではなくて自発的にするものだ、と。
納得しながらも、もやもやしていて、
私たちは各々の業務の理解が乏しいことで、リスペクトが生まれないのではないかと考えました。

そこで例えばパフォーマー(インストラクター)であっても一定期間本社勤務にするなども考えたのですが、本社スタッフが引き継ぎだけで終わってしまったり、デビューするまでに時間を要したりかなり非効率的になってしまいました。

でもこの記事を読んで、私たちがしたっかたことも
尊敬することを強要したいわけでは決してなくて、
相手をリスペクトする姿勢を持てていたっけ。それを表現・指摘できる環境を作れていたっけ。
ということだったと気がつきました。

リスペクトトレーニングは「答えを出す場ではない。一緒に考えるきっかけにしてほしい」。

b-monsterでも真似しようと思います!
Netflix作品は内製だったの?
アニメとかは外注だよね。
そういうのはどうなってるんだろう
日本の他の企業でも必要なトレーニング。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
24.0 兆円

業績