新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
"日本は「水素のための水素戦略」「燃料電池のための水素戦略」になっている恐れがある。政府は水素基本戦略の見直しを検討する方針で、2050年に温暖化ガスを実質ゼロにするという目標に整合した計画にすべきだ。"

まあ確かに過去はそうだったが、東京五輪以降は温室効果ガスの大幅削減のためというのが水素の唯一の大義名分なので、言われなくてもという気はする。

"様々な選択肢の中で、一番安い方法は何かということを考える必要がある。"

そりゃまそうだけど、炭素税を調整すればなんとでも言えてしまう。