新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
発生元のイギリスでは、インド株の流行が始まった
https://twitter.com/DrEricDing/status/1392475809487757318?s=19
人気 Picker
もともと武漢で確認された新型コロナウイルスは、2020年2月には欧州で変異が確認され、それ以来、感染性が増した欧州株が流行してきた。今度は、2020年末に確認された英国株などN501変異のあるウイルスに置き換わりつつあるということ。

ウイルスのほうは気まぐれに変異していくので、今後も変異株の脅威は続く。ワクチン接種を進めないと、いつまでたっても収束しない。とにかく官民連携、国家プロジェクトでワクチン接種を加速化しないといけない。
感染伝播のしやすい変異を持つウイルスの広がりに関連して、以下の2つを抑えておきましょう。

1.ワクチンは有効です。ワクチンの普及は依然として最優先課題の一つです。しかし、ワクチンには即効性はありません。

2.ワクチンが社会的な効果を発揮するまでの間は感染対策が全てです。マスク、ディスタンスは変わらず有効です。少しでも多くの人が協力できるよう、声をかけ合うことが大切です。そして、人との接触を減らすこれらの予防策には、即効性があります。
中等症でも感染後の回復に時間を要する、これが私の身近なN501Yの感染例から感じることです。コロナによって肺炎を患うと、ウイルスの増殖が抑えられたとしても呼吸の苦しさが長く続き、治療に時間を要します。こうしたことから病床がなかなか空かない…医療が逼迫していく構図がみえます。

感染力が強くなっても、基本的な感染対策は変わらず、一刻も早いワクチン接種しかありません。
変異株かどうかというのはすでに問題ではないのでは?対策を考える上で変異株に入れ替わっている前提で対処しなければ意味はない。といっても対策は接触機会を減らすというしかないけど、その強度を高める必要はあるだろう。
1.4倍という数値は以前聞いたのよりだいぶ低い気がします。一進一退はその通りですが、国民は感染するかどうか。リスクを減らすために個人が出来ることは継続するとして、根拠に基づいた面的な対応対策を国は継続してやっていくべき。変異種への対応策や情報があまり出ていないこと(ワクチンがどこまで変異種に対応できるか、など)も気になります。。
結果だけの報道。こんなんだから煽りとか無能とか言われるんですよ。そう数字の根拠は?メディアとしての解説や、意見は?ジャーナリズムってなんだろうか、と。
定量的に危険性を示しているから、まだマシなニュース