新着Pick
381Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大企業の社長さん...それは、グローバルで数万人の組織のトップへと上り詰めた人間...のような時代ではありません。

今の時代、社長業とは「ファンクション(機能)」だと、日立の東原会長も新社長会見でおっしゃいました。つまり、日立という会社が、2010年代に大胆な事業の入れ替えを断行し、デジタルカンパニーとして世界に伍していく2020年代のステージにおいて、最適な人材が小島啓二さんであったということです。

それは若いころからデジタル分野の研究にたずさわり、グローバル経験も持つ。ここ数年は経営執行の中核メンバーとして、大企業において遅々として進まないこともある事業ポートフォリオの入れ替えを迅速に進めてきた、からだそうです。

さて、小島さんはかねてより社長候補の一人として目されていました。実際、インタビューでは、どのような質問に対しても、話が具体的で、かつ、ビジョンや方向性という抽象性の分かりやすく応えてくださりました。

次期経営者に目されることに納得感を感じると同時に、小島さんがいずれ社長に内定した際、再掲に値するだけのインタビュー記事に仕上げておかねばと思いながら執筆し、実際に現実となりました笑

ビジネスの変革が目覚ましい日立を知るには、以下の記事もご参考にしてください。
https://newspicks.com/news/4067845
https://newspicks.com/news/5506381
https://newspicks.com/news/5804620
https://newspicks.com/news/5028174
「これからの時代は事業ポートフォリオの選択が非常に重要ですよ」という点、正直これまでもそうだったのではとは思いますが、今後はますますそうだと思います。欧米だけでなく中国などのソフト大手と競わなければならない今日、蓄積する部分とどんどん入れ替えていく、あるいは外部を使う部分の切り分けとそのスピードがカギを握るのではないでしょうか。
Lumada上でどれだけユースケースを得て、CPS(サイバーフィジカルシステム)での新たな価値共創を加速させることの意義について述べられています。
共創を基盤とした事業変革は、2010年頃から一気にSAPが畳み掛けていますが、日立はフィジカルの方も強そうです。投資の仕方にも戦略と機動性が感じられます(参考:https://newspicks.com/news/5506381/body/)。
また、日経ビジネスに少し前に「日立と東芝」という連載があって、そちらの日立の東原さんのインタビューと併せて読むと、90年代から「社会イノベーション」という新たな方向を持って変革に長らく取り組んできたことの帰結だということがよく分かる内容かなと思いました。
(参考: https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00213/120300005/ )
『これからの時代は事業ポートフォリオの選択が非常に重要ですよ。』

事業ポートフォリオをダイナミックに入れ替えている日立だからこそ、の自信あふれる言葉。インタビューを通じても判断軸が明確である事が透けて見える良い記事でした。
サイバーフィジカルに対するお考え、表情が明るく極めてポジティブな姿勢やコメント、すべてにおいて東芝CDOでプロピッカーの島田さんと同じ空気を感じます♪
企業経営とDX、グローバル化などの事業潮流をとらえるための参考になりますね!
改めて見ると、ソフトウェアにポートフォリオの比重を置くということ、足の長いプラットフォーム構築を先陣切ってやっていこうとする気概などを感じました。
自動車産業がどうこうというより、ソフトウェア偏重の世の中のニーズをうまく取り込んでやっていこうという意思が良く分かります。
正しい方向へ、
相当辛抱が必要とおっしゃるCPS,IoTへ注力していく
事業構造を変えていく姿勢が、
日立への新たな信頼を生みつつあると思います
無形資産で如何に収益を上げていくか?というポイントは、多くの日本企業が課題にしていると感じます。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
6.15 兆円

業績