新着Pick

全米ライフル協会の連邦破産法11条適用申請、連邦地裁判事が退ける

Bloomberg
米テキサス州の連邦地裁判事は11日、全米ライフル協会(NRA)による米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用申請を退けた。NRA解散を求めて提訴しているニューヨーク州のジェームズ司法長官に有利な判断を示した。
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまでNY州だからダメだということでテキサスに行ったけど、まさかテキサスでも拒否されるとは思わなかったんだろうな…。NRAの政治的なポジションがどうというよりも、その運営の腐敗は法の支配の下では民主・共和関係なく、NY・TX関係なくダメだ、ということだろう。
銃の保持者がいくら多くても、幹部がビジネスジェットを濫用するなど横領が長年続いたこと、また破産法申請の経過が不透明で、法に照らして申請が退けられました。
ミレニアル時代を象徴していると思います。
力を持つ政治団体の地図が様変わりします。
米メディア各社からBREAKINGが来ていた案件。
米連邦破産法11条に基づく会社「更生」の手続きを退け、NRAの本拠をテキサス州に移して再出発させる計画を差し止めているとのこと。つまり、更生ではなく解散を支持する、というニュアンスのようです

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リストラの一環で(Reuters、1月16日)
https://newspicks.com/news/5540923