新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これも血栓の副反応が理由で、若い世代の接種を取りやめている国が増えているアストラゼネカのワクチン。結局、あらゆるセグメントにおいて有効性も副反応の少なさもファイザー・モデルナのmRNAワクチンが圧倒的に優れているということがクリアに
人気 Picker
ブラジルでも昨日からこのニュースは大きな問題として取り上げられています。事件が発覚してからブラジル国内では妊婦へのアストラぜネガワクチンは使用禁止となっていますが、今のところの見解では妊婦の脳卒中は元々の持病によって引きここされたということです。今後どこまでワクチンの正当性を証明できるかですが、これでアストラぜネガが妊婦以外に全面的に使用中止になることはないでしょう。
妊婦の方とそのお腹の子には心からお悔やみ申し上げます。