新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
昨日の会見に私も出ていました。

赤羽国交大臣会見要旨。
緊急事態宣言延長された。観光関連、交通事業者の経営が心配。
旅行しにくい雰囲気になっている。地方運輸局局長には、自治体知事と連携し、現場の正確な状況を把握しながら、どのような支援が必要か検討する。
5月は2019年比7割以上減ったとした事業者が5割に達した。
各都道府県が域内宿泊、地域観光支援を行って、補助金を交付している。

宿泊事業者によるコロナ感染防止対策強化等の支援を行なっている。

GW期間中の鉄道などの減便が行われた。5月6日はJR東日本で運行間隔の平均化を行なった。7日には改善された。経験を踏まえながら適時適正にやっていく。

減便による期待した効果はあったのか?
徹底的な人流の抑制が東京都からあった。全体的な政策がどうだったのかはもう少し分析しなければならない。この場で申し上げる段階ではない。
人気 Picker
まあ過ち認めてるだけマシ。分科会やら、医師会やら、知事会やら、その辺りは全然自分たちの過ち反省しませんから。
小池百合子は「やってるフリ」のパフォーマンスだけで感染抑制効果は全く考えていないと確信してます。だからこの手の馬鹿げた政策は、今後もドシドシ実施されるでしょう。この地獄、絶望がこの人に票を入れた都民の禊・祓