新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
伝説の編集局長、マーチン・バロンの後任はAP通信のサリー・バズビー。

これはポストが電子版を伸ばすために、海外の取材を強化しようとしていることから、帰結した人事だと思います。

すでにバロンの時代には、ポストは、ワシントンの地方紙からアメリカの全国紙への脱皮をはかり、それによって有料電子版300万契約という偉業を達成し、取材陣容も増えてきています。

今度はそれを、アメリカから世界へ広げようとしているということです。

すでにポストは、ロンドンとソウルに編集局のハブを儲けて、24時間体制で全世界のニュースをカバーすることを公表しています。シドニーやボコタ、コロンビアに新しい支局を開発することを決めています。こうした海外の支局網をつくるのに、AP通信で長くマネジメントをやったバズビーが必要ということなのでしょう。

ただし、バズビーは88年にこの世界に入った時から、AP通信という通信社で育ってきました。通信社の基本は、アメリカの地方紙にニュースを送ることで、それは、「客観報道」と「速報」が基本とされます。

ウォーターゲート報道時代のベン・ブラッドリー編集局長から先のマーチン・バロンがやってきたような、切り口をみつけて、戦力を全投入して、何度も波状攻撃のようにして報道するやりかたには、まったくなれていないと思います。

この点、ポストは今後、編集者的なセンスを持つ、マネージングエディターやデスクを採用する必要があるでしょう。
ワシントンポストのオーナーはAmazonの創業者であるジェフ・ベゾス。伝統的な新聞社経営からは少し違うスタイルでやっているが、その一環なのだろう。
さすがジェフ・ベゾス。「勇気あるジャーナリズムへの深い理解」というのは、彼のモットーの1つであるリスクテイクと軌を一にする感じもします。
NYタイムズのCEOも昨年、女性のメレディス・コピット・レビアン氏が就任しました。より高いレベルの意思決定者に多様性が増えることは、より幅広い、多角的な見方を伝えることに間違いなくつながると思います。
ワシントン・ポストの変化がまた進む。
ベゾス氏による買収は2013年。
アプリを中心にデジタル版が劇的に読みやすくなりました。
「Print Edition」がなにげに好きです。
米有力紙ワシントン・ポストが新編集主幹にAP通信のサリー・バズビー編集主幹(55)が6月1日付で就任すると発表しています。