新着Pick
933Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
シングルサインオンはワークフォースにとっても、カスタマーにとってもユーザーフレンドリー。オンラインで色々なものにアクセスするのですが、IDとPWを変えているので、手間がかかって仕方ない。この生産性のない苦行からはやく逃れたいと思います。中立的なOktaは便利ですね。
人気 Picker
トッドさんは、Salesforceでの要職を辞めて、ゼロから起業するとき、いかに成功のチャンスがあって、リスクをヘッジしているかを、奥さんにプレゼンテーションで説明したそうです。

そこまでロジカルに未来を捉えているだけあって、クラウド時代に絶対に必要となる「盲点」をきちんと予見していたことが、インタビューからも伺えて大変興味深かったです。

SaaS文脈だけでなくても、デジタル時代のアイデンティティは今後ますます重要性が高まるのは間違いなさそうです。
テクノロジーが移行する時代、ニーズも変わる。
勉強になりました。

私は「認証」をビジネスにするなんて考えもしませんでした。
クライアントサーバー時代、「認証」といえば、MicrosoftのActive Directory。Windowsの認証を使って、社内アプリケーションへログインするものです。

複数のシステムで1つのIDを使いたい場合、大量のIDデータベースをコピーしてシステム構築してました。
だから、コピーに時間がかかり、パスワードを変えるとシステム反映に数時間かかることもありました。
正直、認証のシステム構築はめんどくさいので、遠ざかりたい領域。

ウェブの時代は、いつのまにかgmail,facebook,twitterの認証が増えていきます。
そんな認証をビジネスにするなんて、思いもよりません。

そんな中で、マルチクラウドでベンダーロックされたくない顧客の潜在ニーズを捉え、投資していく。
PeopleSoft、Salesforceで顧客の最前線にいたトッド・マッキノンさんだからできたOktaでしょう。

Oktaのゴールは標準化。
セキュリティや使いやすさ、コンプライアンスなど考えることをすべて標準化したい、とのこと。

どれもエンジニアが遠ざかりたい領域です。
そして、ニーズが変わり続ける領域でもあります。
確かにビジネスチャンスがありそう。
先見性の塊だったOkta。5年以上前に見たときは、こんな業態でも分離されて独立したサービスとして成り立つんだ、と不思議に思ったぐらいだった。すごく勉強になる学び。ビジネスインサイトはやはり実際にそれをつくった人しかわからないものがあるというのが面白い。

【もし、あなたがマイクロソフトにログインを任せたら、どこに連れて行かれますか?MicrosoftのサービスであるTeamsやAzure Cloudにアクセスすることになるはずです。
ZoomやAWSには率先してつなげてくれることはありません。】
中立性に関しての議論が興味深い。ただ、巨大プレイヤーがいるなかで中立だけど影響力を持てる規模まで、どうやって参入・拡大したのだろう?
タイミングが重要と記事で述べられているが、それは本当にその通りだと思う。ただ同時期にいた競合と比較して、なぜ成功できたのだろう?
SSOやID,PW管理が行えるサービス領域はIDaaS「Identity as a Service」と呼ばれ、国内ではHENNGEがトッププレイヤーの1社です。

SaaSの本格普及を迎える中で、メタップスといった企業のIDaaS領域参入や、イエソドなどのスタートアップも加わるなど、日本でも盛り上がりが見られる分野です。
凄いとしか言い表せない…。
よくこのペインを見つけたなと。しかも10年も前に。

私も「GAFAが競合になってくるのは?」との疑問が浮かんだのですが、回答が見事で完全に心を掴まれました。
日本ではまだ知られていない企業な気がしますが、今後聞かない日が無いくらいのビックな企業になりそうです。
シングルサインオンの利便性は多くのビジネスマンが感じ始めている今日この頃ではないだろうか。色々なアプリケーションを使いこなすことが今や前提条件。パソコンでのログインに連動してスマホで認証を初めて求められた時は感動しましたが、使っているうちに当たり前になってきました。アイデンティティという打ち出し方をしてますが、セキュリティに密接に紐づいている。ゼロトラストの考え方も浸透し始めた日本では、ウィルス対策のためにソフトをダウンロードしていた時代を知らない層がすぐ出現するだろう。

一つ死角があるとすると、中立的な立場にいるがゆえの利点。今はまだオンプレミスからクラウド移行が主流で目指すのはハイブリッドクラウド。マルチクラウド(様々なクラウドの組み合わせを用途によって使い分ける)が主流になると普及すると思われる考え方が「オープン」。日本も古くからベンダーロックインを嫌うのでオープンに移行するのは早いと思われる。その状況下でGAFAMが本当に自社プラットフォームに閉じるサービスのみを提供するだろうか?中には、オープンな世の中を受け入れて、積極的に他社サービスとの接続を許す企業が出現してもおかしくないと思う。そこまでにいかに浸透させるかが鍵となるだろう。
IDの中立性を保つOktaや店舗の中立性にも繋がるShopfyしかり、一つの大企業(GAFAM)がサービスを展開するよりも、第三者が間に入る事が中立性という観点で重要なのだと改めて認識した。

またDXの本質は以下の文章にあると思う。
『特に企業にとって、テクノロジーを利用するのはまだ難しく、セキュリティや使いやすさ、コンプライアンスなど考えることがたくさんある。
だから私は、これらをすべて標準化したい。
そうすれば、企業は余計なことを考える必要がなくなります。自分たちのビジネスに何が必要か、どんなテクノロジーが必要か、何がベストな選択肢なのか、だけを考えることに集中できる。
それが決まれば、あとは実行するだけです。』
ユーザーがどう感じるか、使いやすいか、安全かどうか、フィッシング攻撃やセキュリティの問題などを心配する必要はありません。
ネットで寡占を信じるか、ニュートラルな分散を信じるかかな「あなたがマイクロソフトにログインを任せたら、どこに連れて行かれますか?…TeamsやAzure Cloudにアクセスすることに…ZoomやAWSには率先してつなげてくれることはありません…Oktaはユーザーが行きたいところへ連れて行くだけです」