新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
下記英語記事だが、雇用ニーズはある一方で、実際に雇用につながっていない現状が書かれている。コロナへの懸念で戻れない人、学校が完全には再開しない中で子育てとのバランスで戻れない人、補助金のほうが以前の給与より良い人、ニーズがある職業と個人のやりたい仕事のミスマッチなど。
https://on.wsj.com/3h7i4Yg

あと、米国のテック都市での雇用の状況で他の都市より回復が遅れている。リモートが進んで、小売・外食に人々が行かなくなっている度合いの違い。
https://newspicks.com/news/5825857
人気 Picker
これがインフレ懸念を焚きつける一因になっているという解説が多いですが、そもそも失業率3.5%で完全雇用だったトランプ時代にインフレにならなかったうえ、後退局面から依然850万人の雇用が失われているのに労働市場の需給逼迫はさすがにテーマにするのは早いのではないかと思います。
コロナショックは世界的に生活様式の変化を通じて産業構造の変化を余儀なくされましたから、こうしたミスマッチは移動・接触ビジネスに属していた女性を中心に日本でも起こるでしょう。
雇用を始めた企業は、元の企業とは違うのでは?一定期間のミスマッチはやむを得ないと思います
最低賃金引き上げの影響もあると思います