新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
イスラエル側はミサイルで迎撃もしていて、下記動画がTwitterであった。前から迎撃技術はあったと思うが、スマホやSNSの進化でこういうのが実際に見えるようになり、技術の進化の凄さと、それがこういうところで双方に使われる・使われざるを得ない現実に悲しさを感じる。
https://twitter.com/Jtruzmah/status/1392180564166275075
人気 Picker
(追記)テルアビブ近郊の国際空港がある都市、ロッドでは、呼応したパレスティナ人が暴動を起こし、双方に死者が出ています。
https://twitter.com/MiddleEastEye/status/1392285090152075266

ガザ地区のパレスティナ人勢力が5月11日に開始したロケット弾攻撃は、深夜になっても続いています。
 一方、イスラエル軍によるガザ地区への報復の空爆も続いています。
 イスラエル軍の誇るミサイル防衛システム、アイアン・ドームは、ガザ地区から発射されるロケット弾の9割は、空中で捕捉します。つまり、100発発射されれば10発は着弾します。
 5月11日にイスラエル南部の港湾工業都市アシュダッド近辺に発射されたロケット弾は200発を超えていました。実際、20ヵ所程度には着弾して、学校や家屋などに被害が出ました。住民の大部分は防空壕に退避していましたが、2名の死者が出ました。
 深夜、日本時間午前3時に、最大都市テルアビブに向けて130発以上のロケット弾が発射されました。何か所か被害が確認されています。テルアビブでも死者が1名出ました。
 イスラエル軍の空爆でロケット弾攻撃を止められなければ、地上戦でガザ地区を攻撃せざるをえないでしょう。すでに主力戦車のメルカバがガザ周辺に次々と配備されています。

ガザ地区からミサイルを発射する様子の広報ビデオ。着弾地点の映像は5月11日のものですね。
https://twitter.com/UmairMinhass/status/1392153057417367552

5月11日夜、イスラエル軍の空爆で破壊されるガザ地区のビル
https://twitter.com/Conflicts/status/1392170304294854656

テルアビブで炎上するバス(無人)
https://twitter.com/Conflicts/status/1392180401557356545

テルアビブ上空で続くミサイル防衛
https://twitter.com/Conflicts/status/1392182061092544513
この前、エルサレム旧市街のイスラム教聖地のひとつ「岩のドーム」近くでも、イスラエル当局とパレスチナ側の衝突がありました。金色の屋根と外壁のブルーが美しいモスクですが、ここに直接被害が及ぶと、パレスチナだけでなくイスラム教徒全体を巻き込んだ宗教対立がエスカレートするおそれがあります。

現地を2度訪れたことがありますが、高台のモスク側から壁を越えて下ると、ユダヤ教徒が集まる“嘆きの壁”があります。訪れる人の風景がガラッと変わった印象があります。

武力で圧倒するイスラエルが、これまで以上に強い手段に出た時の、パレスチナ側の報復の応酬が心配です。
イスラエルとハマスとの武力による応酬はいつものことですが、今回のハマスによる久々の大規模ロケット攻撃は、ハマス側の事情によるところが大きいと考えています。

今回の衝突のきっかけはエルサレムのアル・アクサー・モスクでの衝突でした。
アル・アクサー・モスクはイスラムの最高聖地の一つで、現在はイスラエル領ですが、その宗教性を考えてモスク自体はヨルダンが管理するなど、ある意味象徴的な場所になっています。

現在東エルサレムを含むヨルダン川西岸は、ハマスではなくファタハが統治しており、事実上パレスチナは分裂国家の状況になっていますが、実は5月22日に15年ぶりの選挙が行われることになっていました。
ところが下馬評ではハマスが優勢で、政権交代を恐れた4月30日パレスチナ自治政府は、急遽エルサレムでの衝突を理由に選挙の延期を発表しています。

イスラエルとしては当然ファタハの政権が続いて欲しいので、これを支持していますが、ハマスは当然反発を強めています。
同時に、ハマスが、アル・アクサー・モスクでの衝突をきっかけにイスラエルと戦える唯一の存在として強硬姿勢をアピールし、パレスチナ自治政府に圧力をかけることを考えるのは自然な流れだと思われます。

ハマスにとっては強硬姿勢が来るべき選挙に利になる以上、簡単に引く可能性が低く、場合によっては業を煮やしたIDFのガザへの地上侵攻という可能性もあるかもしれません。
イスラエルは、ガザにあるハマス司令官の事務所が入った高層ビルを空爆。その報復に、ハマスは地中海岸のビーチが美しいテルアビブにロケット発射。800発とはすごい。そして800発の飽和攻撃にも対抗して迎撃できるイスラエルの防衛システム「アイアン・ドーム」、イスラエルはその性能を今回も世界に見せつけている。なおハマスのロケットはガザ域内で落下するものもある。いずれにせよ犠牲になるのは市民。
大学院の夏休みにパレスチナのヨルダン川西岸地区のヘブロンでインターンをしていました。印象的だったのが「イスラエル人の子どもにパレスチナ人の絵を書かせるとテロリストの絵を描く、パレスチナ人の子どもにイスラエル人の絵を書かせると兵士の絵を描く」という言葉でした。

双方の言い分があるのは当地で暮らしてみてよくわかりましたが、なんとか落とし所が見つかることを願いたいです。
これほどクリアな動画でアイアンドームの撃墜シーンを観ることができるとは。。。それでも打ち漏らしは出てくるので、イスラエル側としては空爆、もしくは地上作戦によってハマスを制圧するのだろう。テルアビブは美しいリゾート地の側面もあるのだが、そのツケがガザに押し付けられているのかと思うと複雑な気分になる。
最近、イスラエルがニュースに出る時は新型コロナウイルスのワクチン接種が世界一進んでいる国として良いイメージがありました。
羨ましく思っていましたが、現実は厳しいですね。
報復の応酬ということにならなければいいですが。