新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一人の人がプロフェッショナル人生において、正社員として関われる企業の数は限られているものの、副業という形であれば様々な業界や企業とたくさん関わるチャンスになり、体験の幅が広がって面白いですよね。

ただ、9社の求人に対して登録者9万人となると、一つの案件に対して応募してくる人の数が多すぎて、副業人員を採用する企業のスクリーニングの労力が大変そうなイメージです。
候補者/応募者クオリティの担保がどの程度できるのかが、このサイトを企業が使い続けたいと思えるかのポイントの一つになるのではないかなと感じます。
副業募集的なものでは、専門家的集団を集めたサービスやフリーランサーマッチングサイトもありますしね。
増えている副業プラットフォームの会社いくつかから説明を聞いたのですが、知り合いを紹介する営業や、自宅でできる比較的単純作業が向いているようでした。「副業であって専門家マッチングではないので」と説明を受けました。
現時点での案件一覧をチラッと眺めましたが、既存で市場にある業務委託契約とスポットコンサルティングが散見し、"新しい働き方・副業”という感覚を得るものはありませんね~^^;
今からのサービス拡充に期待しています。
買い手市場からのスタート。企業サイドの、安く特定の要員を確保できるというご都合主義が見え隠れすると、Win-Winにならずその逆のケースが出てきてしまうのではないかと懸念します。副業マーケットの成熟にはもう少し時間がかかるかもしれませんね。
これからはますます副業が認められる世の中になると思います。雇われの兼業ではなく、独立・継続・反復している個人事業の形式で、自己実現とリスク分散の両立ができれば理想です
公募案件除いて見ましたが、結構なスキルを求められます。
どれほど応募するのか未知数ですが、登録者9万なので選考稼働の方がかかりそうですね。
そのうちクラウドワークばりに手数料持っていくと思うので、企業側にも求職者にも先行者利益がありそうです。
副業マッチングサービスもかなり数が多くなっているので、完全後発のサービスとしてはどういった案件を扱い、どういった機能にしていくかは期待ですね。
これはすごいですね。
王者の余裕。

>まずはβ版として、企業やユーザーから手数料を取らない形で提供
9万人の事前登録があると言うことは、意外と需要が出てくるかな⁉︎
クラウドソーシングと一般求人の間的な。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
4.09 兆円

業績