新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マクロ的に見た場合、一律給付や節約の増加で家計の支払い余力はさして落ちていない筈ですが、仕事を失ったり賞与や諸手当が無くなったりして所得が急減した人は間違いなくいらっしゃるでしょう。「保険料の払い込みを猶予する期間を最長で6か月間延長する」ことで助かることは勿論あるでしょうが、猶予を得て解約を免れているうちに不幸にして亡くなって生命保険金を得たといったケースはともかく、生命保険料を6か月以上も延納せざるを得ない状況に陥ったのち滞納分を纏めて後で払うのは、多くの場合、かなり辛いんじゃないのかな (・・?
人さまざま、状況もさまざまですから迂闊なことは言えませんが、保険料の支払いが難しくなった生命保険は、不要とは言わないまでも不急のものでしょうから、多くの場合、一旦解約することを考えても良いような気がしないでもありませんが、どうなんでしょう。これ、窮地に陥った契約者への配慮とともに、生命保険会社にとって解約防止の手立てという側面もありそうな・・・ (-.-)ウーン
大同生命保険株式会社 (だいどうせいめいほけん、英称:Daido Life Insurance Company)は、日本の生命保険会社。太陽生命とともに組成した「T&D保険グループ」の中核会社である。「加入者本位」「堅実経営」を創業の精神としており、社名は故事の「小異を捨てて大同につく」に由来。中小企業市場での生命保険販売(経営者保険)に圧倒的な強みを持つ。 ウィキペディア

業績