新着Pick
92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国にはCOPPAという児童のプライバシー保護のための連邦法があり、特に13歳未満の子供向けのサービスについては厳格な規制が敷かれている。過去にYouTubeやTikTokも多額の和解金や制裁金が課されていて、当然ながらFacebookもさまざまな工夫をしていくはず。もちろん全てダメなのではなく、子どものことを第一に考えた設計であれば、議会からも市場からも理解を得られると思うが、強行突破するのか。
かりに子供向けインスタグラムを規制しても別の新しいものがでてくるに違いありません。
これからの世界新しいアイディアを止めることができないので、利用方法を工夫するしかないのではないでしょうか。
上院で子供のプライバシー改正の法案が提案されていますが、これはペアレンツコントロールに加えて、個人がデータの削除等要請を認めるものになる可能性があります。そうなるとUI、UXの設計は変わってくるので、今のうちにサービスを止めておくほうが賢明ではないかと思います。

数年前からプライバシー関連法は法案ラッシュなので、そろそろ連邦プライバシー法の議論も具体化してくる様な気はします。

Senators Reintroduce Bill To Amend COPPA
https://www.jdsupra.com/legalnews/senators-reintroduce-bill-to-amend-coppa-9577917/
子どものプライバシーも重要な課題ですが、米国 COPPA 規制である程度保護されているはずですので、この子供向けインスタグラム計画の問題はプライバシーよりギャンブル依存症です。

Facebook (と、その他のほとんどの SNS) はカジノにおける中毒性に詳しい心理学者などを採用してアプリを作っています。

カジノやパチンコのスロットを押下した時の「リワード」のメカニズムは SNS アプリに組み込まれています。

薬物乱用同様までではないのですが、ギャンブラーの親戚がいらっしゃる方はギャンブル依存という大変な問題をご存じかと思います。

さあ、あなたの子供がギャンブル依存症になってほしいのでしょうか?
子供向け~という切り分けは総じて上手く作用しないような気がしております。特にインスタが扱う写真や画像、動画に関してはセキュリティラインをどこに置くかという設計が難しく、子供向けは不要だと思います。
コロナ渦で家にいることが多く、学校から配布されたPCで個人メールがわかるので、「今から公園行く」などチャットなどでやりとりして出かけていました。そのうち学校から禁止されました。(特定の友達のみグループになるからでしょう)今は携帯でやりとりしていますが、しだいにきつい言葉になっています。(子供に内緒に確認しました)。注意、規制しても止められないと思います。FBなどでオープンになって、学ぶ機会も増えるといいです。
ここ最近のFacebookはプライバリシーポリシーに関する話題性が多く取り上げられます。InstagramはByteDanceとの争いにあげられるように、自社のみで生み出したものだけではなく他社との競合により出来上がったサービスのプライバシーが懸念材料にされやすいです。

いずれにしても同社からどういった公式コメントが出てくるか興味深いです。
全米44州の司法長官らによるザッカーバーグ氏宛て書簡で指摘しているそうです「この新たなアプリは子供のメンタルヘルス(心の健康)に悪影響を及ぼす可能性があるほか、プライバシーが脅かされる恐れもあると主張している」
スマホ持ったら子供向けもクソもなくなる。SNSに問題点があるのは理解できるけど、制限することが解ではない気がする。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
103 兆円

業績