新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ほう。まぁどこまでスケーラブルかは分かりませんが、面白い採用方法ですね。ちなみに建設業、特に土木の会社は総じて業績好調です。人手不足がボトルネックになっている。ただ野球だと採用の中心は男性になっちゃいますね。建設業で働く女性も増えて欲しいもんですが、なかなか女性が増えないのよね。そもそも応募してこないらしい。
人気 Picker
企業スポーツの仕組みが生まれた明治から昭和初期と同じ構図。要点は「スポーツを用いた企業の課題解決」です。

手段が目的化したり、社会構造の変化に対応できなくなったりすれば、その存在意義は急速に失われます。なので、常に社内と時代を洞察し、積極的な価値創造の継続が求められます。

参考文献
福田拓哉(2010)「企業スポーツにおける運営論理の変化に関する史的考察-日本的経営・アマチュアリズム・マスメディアの発達を分析視座として」https://ritsumei.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=958&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1&page_id=13&block_id=21
両利きの経営、素晴らしいですね。建設業界は建築にかける予算も一部減り、また人材登用も年々下がり、日本の建築関連会社においては一事業会社の平均人数が4人くらいである事もあり、スマートシティやsociety5.0に取り組む事自体が困難と言われています。いずれにせよ次の世代となる方々の力が今後必要とされる中で、イメージを払拭して、時代時代に最適な方法で労働力を確保して、個人的にはこれからの業界の局面において必要とされる技術の継承がDXとAIを通じて何とか維持されて欲しいですね。
ここ数年を見ても、日本各地区でチームの立ち上げがブームのように目立つますね。今回のケースも人材不足解消のアイデアとしてのものだそうですが、これは社会人野球に属するんでしょうかね。チームを作ることも自由ですが、レベルに応じたカテゴリー分けをしないとどんどん日本の野球のレベルが落ちて行くと思います。やればいいでは行けません。真剣にNPBを目指しているチームや福利厚生の一環でのチーム、それ以外にも幾つかのカテゴリーに分けるべきですね。指導者問題も抱える日本の野球界なのに、これではお先真っ暗。
興味深いです。企業も社会人スポーツの事業から撤退するところも少なくない中、地方の中小企業が逆張りの戦略。アイディアは自身も社会人野球の経験がある人事部長さんだそう。

「野球を続けたい思いで入社したのは15人。16年夏の甲子園で準優勝した北海高(札幌市)出身の下方忠嗣選手や、履正社高(大阪府豊中市)で甲子園に出場した山本侑度選手らだ」
採用として野球経験者をターゲットにした施策。
野球を主とするのではなく、週末のみの従なので、仕事メイン。現役も長らく続けられるだろうし、セカンドキャリアにも繋がる。チームとしても継続してほしいし、野球目当てで来た社員が仕事でも活躍してほしい。

友人の会社も野球経験者採用してる。軟式チームだけど。
https://www.ecology-plan.co.jp/recruit/1215/
チームスポーツはビジネスに応用可能なノウハウが多く、やり方を工夫すれば、単なる客寄せではなく、実利を伴うリクルーティングにも大きな効果をもたらす事ができます。
実は、多くの企業で採用可能な手法だと思います。
採用戦略としてアリですね。

このご時世、企業も何かしら特徴を出す必要があり、それがスポーツ(この場合野球)だとアンプ効果でこのように拡散します。