新着Pick
18Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ガソリン先物は+3%超、米国の原油先物の指標のWTI原油は+1%ほど。
下記との答え合わせになるが、一定の需給ひっ迫は特にプロダクトサイドで出そうだが、一方で現段階ではものすごくヤバくなる状況を示唆する価格変動ではない印象。
https://newspicks.com/news/5830511

※上記で書いたこと
パイプライン情報などはある程度開示されていること含めてマーケットが一定効率的な領域だと思い、おそらく月曜のマーケット価格がどう変わるかなどから深刻度の判断はできそう。プラスになれば送れないことで需給タイトになるリスク、マイナスになれば送れないことで引き取り手がいなくて大変になるリスク、そんなに変わらずなら色々考えてどうにかできるでしょ、という示唆。
パイプラインのサイバー攻撃を受けた操業停止を受けて、米ガソリン先物が9日の取引で「3%超上昇し、1ガロン=2.217ドルと2018年5月以来の高値」となっているようです。