新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
500系とレールスターが並んでいる写真を見ると、さすがJR西と感動を覚えます。
それは別として、日本のデジタル化の大きな問題の一つは、発注側が「丸投げ」になりやすいことだと思います。
人やモノの移動や、記事にある故障データなど、どのようなデータが集められ、どのように活用できそうかを一番身近に把握できるのは鉄道会社自身の筈ですので、このように企業内に人的リソースを蓄積する取り組みは大変重要と感じます。
よく考えたら新幹線の運転手になれる方という時点で、おそらく相当頭がよいはず。(じゃないと入社できないし、配置されない)
こういう事例が人生100時代とか、リカレントとかの文脈で好事例として広めていけるとよいですね。

そしてこういう取り組みができるのは最近流行りのジョブ型雇用ではなく、メンバーシップ型雇用の強みであるという点もお忘れなく。
対象、現場を熟知しているデータ・サイエンティストは最強です。

開発だけでなく、社内展開についても、社外の人より、遥かに有利です。

(以下、記事中からの引用)
社内浸透のキーワードは「解く、見つける、使わせる」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
西日本旅客鉄道株式会社(にしにほんりょかくてつどう、英語: West Japan Railway Company)は、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業および船舶事業を引き継ぎ発足した旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
1.25 兆円

業績