新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スズキ(現地合弁のマルチ・スズキ)は、インドの自動車市場で50%のシェアを持っていて同社の未来はインド市場の発展にかかっているといえます。隣国のパキスタンでも、70%近いシェアを確立してきました。
 そうであるからこそ、スズキはインドでのCSRを問われます。タタ財閥からの挑戦にはいったん打ち勝ったものの、EVを含め、インドの現地企業も新規参入を続けるでしょう。外国企業が圧倒的なシェアを維持し続けることが容易な国ではありません。
 2020年、インド、パキスタンでのスズキの売り上げは激減しており、2021年も続くでしょう。しかし、スズキにはインド市場を手放すという選択肢があるとは考えられず、今これからの数十年のために地歩を築く時なのでしょう。
 なお、インドの日系企業では、他にもエア・ウォーター・インディアやアルセロール・ミッタル・ニッポン(アルセロール・ミッタルと日本製鉄の合弁)も現在は工場で液体酸素の生産を行っています。
コロナ感染症だけでなく、コロナインパクトでモビリティの変化の波が押し寄せてますね。ここは正念場でしょう。
インド国内が、大変なことになっているので、産業界は、人命尊重に協力するでしょう。

一刻も早い感染拡大の緩和を願います。

別件ですが、インドでの感染拡大は、変異種発生の温床となるので、インドだけの問題ではなく、世界にとっての脅威なのです。

そういった意味では、世界が協力してインドでの感染拡大を止めないと、新型コロナウィルス禍は、終わらないことになります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
インドの新型コロナ感染拡大で工業用の酸素の生産を減らし医療用に回す措置が取られていることが大きな影響を与えているようです。
スズキ株式会社(英語: SUZUKI MOTOR CORPORATION)は、日本の四輪車及び二輪車のメーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.13 兆円

業績