新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
大企業の中高年社員の方々はよく理解しておいた方がいいことが書かれています。

「35才転職限界説はなくなった」と言う人がいますが、それは明らかに間違っています。特に40才を超えて転職できる人は、一部のエキスパートや外資系を渡り歩くようなエクゼクティブ層が中心です。

一方で、ここに書かれているような中小企業で活躍の場を求めるケースは確かに増えてはいくでしょう。地方銀行が人材紹介業を始めて、大企業の幹部社員を地元企業に斡旋する流れもでき始めています。

しかしながら、(中小企業が総じて弱い)人事、総務、経理系の方々が活躍するケースが多い一方で、この記事にあるような経営サポートとなるとそう簡単ではありません。大企業と中小企業では仕事のやり方が全く違うからです。
特にワンマン経営者の場合は気を付けないと後悔する場合も多いようです。