新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
検査の特性を考えれば、どんなに国外の検査状況を把握したところで、病原体の輸入は防げません。本来力を入れるべき場所はそこではなく、より強化すべきは流行地域からの入国者の検疫だと思います。

検査の実態把握を行い、検査に依存することでむしろ間違いが増える可能性もあります。間違いのない対策は、検疫です。
人気 Picker
入国時に陰性証明を持ってるけど検疫で検査したら陽性というの、けっこうある。インド、ネパール、あとはインドネシアも多かった。この病院の検査あやしいぞ!と各国に外交ルートで伝えたとして、相手国としてはとりあえず聞き置いて終わりということにならないだろうか。現地のJICA事務所と連携して技術協力と組み合わせられるなら有効か。
客数が減り、航空各社は人出が余っているとすると余剰人員をこうした検査に回すことが出来そうですが、どうなんでしょうか。