新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
この使い方は、どちらかというとホロレンズのMRに近いですね。

ホロレンズでは、半透明のホログラムを現実に重ねますが、こちらはカメラで外部映像を取り込んでVRに重ねる、というものですね。

オキュラスクエスト2にも、外部カメラで映像を取り込む機能はあり、荒い画像で、わずかなズレはあるものの、外の様子を見ることができます。
この使い方だと、大画面のディスプレイを目の前に召喚することもでき、重さと恥ずかしさを克服すればオフィスでの使用もいいのではないかと思います。
人気 Picker
VRを使えば日本にいながら世界一周ができます。
留学も海外に行かなくてもできるかもしれませんね。
英語教育と相性がいい気がします。
私のやっているビジネスは将来なくなるかもしれません。
VRは今後優れたディスプレイの文脈とメタバースの文脈を切り離す時期がきて、双方十分な理解が進んだときにインタラクティブコミュニケーションなどの側面からマージし、パラダイムシフトが起こりそうな予感。
・筐体が分厚すぎるので軽量化薄型化不可避
・コンセプトは良い。ARとVRを組み合わせたXRないしはMRと呼ばれる分野。
・GPUなどにかかる負荷は大きくなるので熱対策も必要。
・ディスプレイの高精細化も更に取り組む必要がある。が、現状の液晶や有機ELでは限界がある。
今年のXR総合展で似たシステム(同じかも)を体験しました。
手元とコントローラーはリアルのものが見えるのに他はVRという不思議な体験でした。
一見「それって何に使えるの?」だと思うのですが、例えば本物のコントローラーを使用あるいは手元を見ながらのトレーニングがVRだけより遥かにリアルに行えます。
近年のVRの弱点であった触感に低コストでリアルなものを提示したまま、VRならではの体験ができるという優れもの。
価格等々が気になるところですが、素晴らしい技術でした。
「VRを発展させたACW―DEEPの特許技術「AVR」は、コンピューターグラフィックス(CG)の3次元(3D)映像に、利用者の手元や足元の実写映像を、リアルタイムで重ね合わせて表示できる。」
なるほど。工場や工事現場でよりリアルな体験ができるのだそう。他にも活用できる場所がありそうですね。
ただし Oculus Quest などと違って単体では動作しません。(プロセッサ内蔵でない)
首の筋トレ用に