新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
元々カリフォルニア州のZEV規制対策としてFCVの普及政策から始まり、なかなか進まないのでPEFCの定置利用として無理矢理エネファームをやったが、補助金が切れて撤退が相次いだ。FCVの方は2008年に最後通告を喰らい、お尻に火がついて新エネ予算から石油予算に組み替えて2015年から水素ステーション補助と来て、最後は2050年80%減政策を追い風に輸入水素で水素発電に繋げようとしているのが、日本経産省燃料電池推進室水素戦略だった。

環境省は、再エネ低圧水素事業でちまちまやっていた。

ところが、2014年から内閣府のSIPでアンモニア発電が取り上げられ、JERAが電事連を無視してアンモニア発電でゼロエミッション宣言をしたことで、日本も脱炭素(2050年カーボンニュートラル)にコミットして事で、液体水素+MCH vs. アンモニアによるエネルギーキャリアの対立に。経産省水素戦略にアンモニア発電の記述がつい最近までなかったのはその為。

欧米にはドイツとカリフォルニア州はある程度やっていたが、元々まとまった水素戦略などなかった。ここ2,3年で急激にラッシュ。

因みに英国のエネルギー・気候変動省は2016年に編統合され、ビジネス・エネルギー・産業戦略省に変わりました。

2050年までに脱炭素する科学的根拠はIPCCが2018年に出した1.5℃特別報告書だと思います。ただ、コストに照らしてどうすべきかは科学で示していないですが。
人気 Picker
司令塔は必要でしょう。本件と似ているのですが、企業変革への取り組みについても、それぞれの部署は頑張っているけれど、バラバラであるために全社的な動きへとつながらない、という問題があり、相似形に見えます。
しかし、いま一歩考えてみると良いかなと思うのは、司令塔は誰がどうやったら果たせるのか、という問題です。
確かにトップのビジョンは大事かもしれない。でも、トップがビジョンを示すためには、トップが学ぶだけでは不十分であり、下からの適切な筋の通った様々な提案が不可欠です。
つまり、司令塔がないのはどうしてなのだろうか、というところから変革を始めなければならないのではないかと思うのです。
「官民の足並みがそろう欧米に対し、ちぐはぐな水素政策が目立つ日本。資金や人材などの資源を分散したままでは、生き馬の目を抜く脱炭素時代を乗り越えられるか心もとない。石油危機が起きた1973年、経産省の前身である通商産業省に資源エネルギー庁が設置された。それから約50年、カーボンゼロを担う新たな司令塔が必要だ。」
このままでは規格作りの巧い欧州、民間主導イノベーションのアメリカ、強権で超スピードの中国、に対して全く勝負にならない。ばらばらのまま、負けていく。
脱炭素は、国家の産業政策、エネルギー政策、地球環境政策等のグランドデザインの問題。今の日本の体制や能力ではこれらを同時に描くことは困難。
日本の温暖化対策のいちばんの課題は、「温暖化対策」と「エネルギー政策」の議論が別々に行われていることです。
   
日本の温室効果ガスの9割はエネルギー起源のCO2なので、エネルギーの電源構成、すなわち、どのエネルギーを使うかの決定そのものが、最大の温暖化対策になります。
  
なのに、▽「温暖化対策」は環境省、▽「エネルギー政策」は経産省と縦割りになっていて、議論がなかなか進まないのが実情です。
   
その点について、本会議で、環境大臣・経産大臣そうほうにただしました。
⇒ https://youtu.be/u_DnbnlfwzY
 
イギリスの「エネルギー・気候変動省」などのように一緒に議論を行う体制を作ることです。
『水素ステーションも利用が伸び悩む。市内のFCVは公用車を含めて約30台。一般的に収支が釣り合うには700~800台の商圏が必要だ。市は200台の普及を目指すが、購入資金を補助しても水素充塡の不便さから呼び水にならない。』

移動を伴うインフラ系は、こういう商圏範囲による利便性がキー。携帯も、初期はつながりやすさが一つのキーだったと記憶している。

つながりやすくなるから利便性が上がる
→利便性が上がるから効用が上がる
→効用が上がるからより多くの人が使う
→より多くの人が使うから稼働率が上がる
→稼働率が上がるから単位コストが下がる
→単位コストが下がるから経済性が上がる
→経済性が上がるから再投資に回る
→再投資に回るからつながりやすくなる(のループ)

工場のオンサイトのフォークリフトなどは、商圏が限られていて、そこでどれだけ回収できるかで判断できるから進めやすい。電動などと比べてコスト高であっても、環境関連取組コストとして一定吸収出来れば導入もしやすい。

素人妄想だが、工場の駐車場などで、関係者外も使えるようにする補助金だしたらどうなるだろう?
都内・都市部は相対的に人口密度が高いから上記の人数に達しやすい。そうでないところでは、工場などのエネルギーでの水素化と併せて、インフラコストを共有化する補助をする。それで水素ステーションだけを運営するより安くして、また企業としてもそれで外販含めた社会全体のエネルギー効率改善に寄与しやすい体制をつくる。
水素ネタは盛り上がりますね!⑵
水素は無理!