新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これでトリチウム水放出するなとか良く言えるよ
人気 Picker
地球の平均人口密度は15人/km^2です。都市を除けばそれより一桁か二桁少ないでしょう。全体的に見れば、地球のほとんどの場所には人は住んでいません。

ですから、確率は非常に低いですが、とにかく何も被害が出ないことを祈るのみです。

【追記】コメント欄の事実関係の指摘を、、、落下地点は、大気圏突入地点からおおよそ東側になります。正確な場所と方向はまだわかりません、真東からプラスマイナス30度か40度ほど幅があります。いすれにせよ、中央アジアで突入するなら日本、韓国や中国東海岸の大都市は大丈夫でしょう。
中央アジアで再突入するとなれば、そのまま南に向かって行くので、日本や中国上空にかかることはないと思うけど…。
どうも過去にあったようですね「去年、長征5号Bが初めて打ち上げられた際は、残骸の一部とみられる金属が西アフリカのコートジボワールの陸地に落下し、複数の家屋に被害が出たと伝えられましたが、中国は公式の反応を示しませんでした」
今の現状考えるとステイホームしておけばいいかな?と思いますがステイホームしてて直撃は避けたいですね。実はとんでもないニュースでして、今のところの予定だとNZ沖とありますが、海洋生物と環境には出来るだけミニマムなダメージであって欲しいですね。
アメリカ東部時間の7日午前5時現在の分析として、ロケットは日本時間の9日昼すぎ、中央アジア付近で大気圏に再突入すると予測しているようです。