新着Pick
2026Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数年に一度話題になりますね、超訳ニーチェ。それだけ現代人にささるのでしょう。
目にするたびに刺さる箇所がかわる。

疲れ果てたときには『ひたすら眠れ』
結果を焦るときは『プロフェッショナルになりたければ』

そしていまは『超人と末人』の定義が刺さる。
高い理想を掲げながら虚しい現実を受け入れることができる超人を標榜しながら、ああ衝突せずうまくやろうとする末人が自分の中に同居する。
ニーチェの名言の中で、

『一日一日を始める最良の方法は、目覚めの際に、今日は少なくとも一人の人間に、一つの喜びを与えることができないだろうかと、考えることである。』

というものがあります。

スティーブ・ジョブズの

『毎朝、鏡の中の自分に問いかけてきた。「もしも今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることをやりたいと思うだろうか?」と。NOと答える日が何日も続くようであれば、何かを変えなければならないということだ』

と同様、朝に今日に自分に問いかけることの大事さを説いており、やっぱり1日のスタートで自分の意識を高める必要性を強く感じます。
参考になります。個人的に不合理を憎んでいる私としては、4と1はセットで考えないといけないんだろうかと思いました。不合理に見えるところには、見えない何かがあって、表面の不合理をなくすだけではいけないんだと。
私の好きなニーチェの言葉をいくつか。

「過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える」
 深いなー

「世界には君以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら進め」
 同感だなー

「脱皮できない蛇は滅びる」
 日本に必要なのは、脱皮だろーなー

「自分の1日の3分の2を自己のために持っていないものは奴隷だ」
 人事部の皆さん、お願いしますよー

「人間は赤い頬をした動物である。なぜ赤い頬になったのか。あまりにもしばしば自分を恥ねばならなかったからである」
 最近では、恥ない人ばかりだなー

「世界は調和と美と目的をもって作られたものではなく、混沌であり、そこにあるのは暴力的な闘争と支配被支配関係しかない」
 ミャンマー、アフガニスタン、北朝鮮、ガザ地区、混沌だなー
「仕事に打ち込むことによって、自分の心と人格が鍛錬される」、だからこそ、一生懸命何かに取組んでいる人は素敵に見えるのですね。

自分のことを振り返ると、何もしていない日の方が逆に心身ともに疲れている気がします。最近、日々の小さな達成感の重要性を感じています。
https://newspicks.com/news/5809484/body/?ref=company_SPD23KJ4U1N1Y8DV

>自分が現実に行なうことのみが自分を変え、自分の明日を創るからです。つまり、仕事こそ、自分を新しくしていく手段なのです。ですから、自分が大きくなる想像をしながらも実際には賃金をもらうためだけに仕事をしているなら、いつまで経っても自分を変えていくことはできません。自分の仕事に打ち込む人一倍の熱心さがなければ、強くなるどころか、自分の現実を少しでも変えていくことすらできないのです。
『「超人」とは、あらゆることを自分で価値づける人間である』。ニーチェの言葉や考え方はことごとく現代人に響きますね。

『ホモデウス』を読んだときにあらためてニーチェの言説や問いかけの偉大さをかみしめました。人間の自由意志とは。意味の源泉は神や宇宙から人間の感情へ。個人的に『進撃の巨人』を通して論考したいテーマ。

Newspicksでも、徐々に哲学のようなとっつきにくいテーマが最近増えてきたように思います。それこそメタ世界的に、時代のちょっとシフトを感じます。という意味でも、遅ればせながらこのシリーズは素晴らしいですね。
名言1は、SNS社会に対する警鐘でもあります。有名人や有力者の言葉を鵜呑みにし、真に受けてしまう人がなんと多いことでしょう。

名言2は、日々心がけていることです。腹が立ったら寝ればいい。子供の頃に叔母に教えてもらいました。

名言6は、日々目標としていることです。毎日の鍛錬が必要ですが、くじけそうな自分がいます。なので、名言5がとても参考になります。
『ツァラトゥストラはかく語りき』、大学生の頃に読んで、超人でいられればすごいけど、末人もそれはそれで悪くない生き方なんじゃないかと思ったのを思い出しました。

名言まとめ、ニーチェって優しいですよね。
名言2の「自己嫌悪に陥ったらベッドで眠りなさい」は確かにその通りだけど、個人的には眠り過ぎも毒になると思うので、

ニーチェの言葉とあわせて、Dragon Ash「Viva la Revolution」の一節「眠りのなかに救いはない」というKjの言葉も頭に留めておくと良いと思います。
学生時代に「哲学」の授業を受けていたが、社会を知らない学生にはどこか抽象的で、自分が生きている世界の中に取り込むには非現実的に感じていた。
社会に出て20年近くなり、ある程度社会人生活が長くなり、起業して荒波に揉まれてからニーチェの言葉を読み直すと、こんなにも沁みるのか。ビジネスのアイデアがちりばめられている記事でした。
どの名言も自分にぴったり当てはめられるところがすごい。「戦う相手は常に自分、人と比べるな」というところが一貫してますよね。(日曜朝なのでベッドでごろごろしてましたがこれを読んで怠ける自分に勝たなきゃと思いました。。)
この連載について
忙しい現代人は、「自分の人生の目的とは?」といった物思いに耽る時間はなかなか取れない。しかし、日々の情報に追いつこうとすればするほど、本来の気持ちからは遠ざかってしまうだろう。そんなジレンマを解消するために役立つ「哲学の話」を紹介する。