新着Pick
80Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アジアの英語圏であるインドやフィリピンに決済や人事の事務オペレーションの機能を集約している金融機関は多いです。決済機能が一番深刻だと思います(それ以外のコーポレート機能は本国でも対応可能なものも多いでしょう)。
SARSの直後は生産拠点のリスク分散の観点よりChina+1が注目されましたが、今後はバックオフィスのリスク管理の視点からインド+1という分散化が進む可能性があります。
それは兎も角、知人からも連絡がありましたがインドは今大変な状況です。寄付でも気持ちでも色々とサポートしたいと思っています。
人気 Picker
自然災害等によるBCPへの意識は従前からあったものの、パンデミックに対応したBCPが手薄であったことは確か。
テクノロジーサポートについて低廉・高品質なサービスセンターとしてムンバイ等が重宝されてきたので、システム的な影響が懸念されるところ。
これはBCPをどのように構築していたのかで各社の対応がわかれそうですね。ここ1年半あったわけですから複数シナリオを想定したと思いますが。。
確かに欧米の金融機関のコンタクト先となっているインドへ電話してもなかなか繋がらない。
「フラット化する世界」でもパンデミックは未想定でしたからね