新着Pick
267Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
JALについては、ANAと違い今期予想は出していない。ただ、黒字化イメージという図を出している(スライド5)。
コロナ前と比べて、例えば国際線がゼロでも国内線が80%弱でEBITDA黒字化、国際線が10%前後だと国内線70%でEBITDA黒字、国内線100%でEBIT黒字というイメージ。
ANAの今期予想の前提は、国内線80%、国際線30%。その前提をJALにも当てはめると、EBITDAは黒字となるがEBITでは赤字が残る。年間の償却費が約2000億円なので、目分量で500億円前後の赤字か(ANAはこの前提で280億円の営業利益≒EBIT予想)。
差の要因は何かというとコスト削減への経営判断だと思う。コスト削減については、JALは2020年度に固定費を600億円削減し、今期も同様のレベルを維持する計画。ここらへんは開示の仕方や何を固定費と捉えるかなど色々な違いはあるが、ANAは昨年度の削減規模(同社発表では1720億円)と今期の削減規模(対2019年で3000億円なのでさらに約1300億円)が大きい。
たしかに四半期の推移を見てもANAの方がコスト削減が進んでいる。2020年7-9月期と売上が近しい2021年1-3月期を比べると、下記のようになっている。JALは増収減益、ANAは増収増益。ただANAは売上300億円増加で営業損失200億円改善、稼働率が重要な事業でこの2期間だけでコスト削減がものすごく大きく進んだ感じではない(そしてJALの悪化は気になる)。
コスト削減の水準は、短期的には損失、長期的には競争力に影響する可能性もある(ダイエットしすぎた筋肉量の低下、的な)。回復の時間軸がみえないなかで判断難しいが、両社の経営判断の違いが出ている。

JAL
2020年7-9月期:売上1184億円、営業損失-912億円
2021年1-3月期:売上1247億円、営業損失-1009億円
ANA
2020年7-9月期:売上1702億円、営業損失-1219億円
2021年1-3月期:売上2011億円、営業損失-1024億円

説明資料:https://www.jal.com/ja/investor/library/results_briefing/pdf/fy2020q4_0331ja.pdf
ANA決算:
https://newspicks.com/news/5815327
ここはまあ予想範囲といったとこでしょうか。
一応原本がこちら。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/9201/tdnet/1961469/00.pdf

私が知りたい来年度計画値はまだのようですね。

ANAが大胆にも国内旅客需要回復と黒字計画を出してきているので、JALがとっても気になります。

確実にANAの計画を目に穴が開くほど読み込んで、今作戦を立てていると思われます。
久々に航空会社の年度計画発表が待ち遠しい!
雇用調整助成金で雇用を維持してきた日航。

期限切れをどう乗り切るのでしょうか?

「人減らしはしない」と以前豪語していましたが、果たして人員削減なしで切り抜けられるのでしょうか?
日本航空が7日発表した2021年3月期連結決算は、最終(当期)損益が2866億円の赤字となり再上場後初の赤字となっています。
来期の予想は未定となっています
決算短信はこちら
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120210506406825.pdf

参考:本日、中期経営計画も決議されてますね
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120210506406840.pdf
JAL、春秋航空日本を6月に連結子会社化(ロイター)
https://jp.reuters.com/article/jal-spring-airlines-japan-idJPKBN2CO0F0?il=0
自粛が長期間続くことで、我々の習慣がどう変わったのか、今後どのようになっていくのか、将来がわからなくなってきてます。需要がコロナ前の水準に回復するのは24年にぐらいになるとみられていましたが、、

業績