新着Pick

「劇的にまずい」レッドブルが大ヒットした理由

東洋経済オンライン
想像してみてほしい。あなたは国際的な大手飲料会社の役員室に座っているところだ。そして、ノンアルコールの冷飲料では世界で2番目に人気のあるコカ・コーラのライバルになるような新製品の開発を任されている。…
371Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは面白い記事。エナジードリンクは味、成分で効果を出すのではなく、そのイメージで心に働きかけて効果を出す、という実験を元にした内容。まさにマーケティングの極意ですな。あの小さな缶にもイメージを形作る意味があったとは。ブランディングとして面白いし参考になる。

【おそらくレッドブルの入った小さな缶が売られているのを見て、われわれは無意識にこう推測したのではないか。「あれは本当に強力な飲料に違いない。たっぷりと330ミリリットルも飲んだら頭がおかしくなるから、小さな缶で売るしかないのだろう」と。】
かなり不思議な会社です.
飛行ロボット(ドローン)の学生コンテスト
http://indoor-flight.com/
のスポンサーになってもらおうと,ほぼ押しかけでアポして訪問したことから毎年,お付き合いが続いています.毎回,クーラー付き,飲み放題で飲料を提供してもらい,飲んだ学生は目をギラギラに輝かせています.驚きの感じを出したいのでスポンサーになっていることは告知しないでくれとお願いされたり.
お付き合いは広がり,航空宇宙学会の講演会でもレッドブルが置いてあることが増えました.
また学生イノベーターの支援もしている.
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000049143.html
たしかにレッドブルはイメージで売れているし、そのイメージ作りに莫大な投資をしている。エクストリーム系スポーツのスポンサーといえばレッドブルだし、最近はeスポーツにも。

この本、面白そうなので買ってみた。後で読む。マーケティングについての本のマーケティングにしてやられた感があって、少し悔しいが。

ちなみに著者のインタビューはこちら。話が上手で面白い。
https://m.soundcloud.com/reasonmag/rory-sutherland-on-how-red-bull-explains-why-capitalism-is-great
穴が開くほど研究され尽くしているレッドブルのマーケティングですが、プラシーボ効果を使って自腹を切ってマーケティングをする気になれないのは私だけじゃないでしょう笑
とても再現できる気がしません
"あれは本当に強力な飲料に違いない。たっぷりと330ミリリットルも飲んだら頭がおかしくなるから、小さな缶で売るしかないのだろう"
確かに、ロンドンのモルガン・スタンレーのオフィスで、長時間に及ぶ会議中に提供される飲み物の入ったバスケットの中にダイエットコークやミネラルウォーターなどとともに並んだレッドブルを初めて見た時、それは飲んではいけないアブナイ薬が入ったあやしいものに見えました。
ひょっとすると日本の法律では許可されない何かがはいっているのではないか、と思ったものです。それもプラシーボ戦略の一環だったのでと思うと、当時おそるおそるその小さな缶をあけた時のことを思い出し、してやられたという気がします。
新規事業を検討する際に、絶対にたどりつかないような話なので、知っておくべきだと思いました。

「コークよりもおいしくて、コークよりも安く、大いに得をしたと客に思わせるように、うんと大きなボトル入りのドリンクを製造すべきでしょう」

「いや、めちゃくちゃ高いドリンクを売り込みましょう。小さな缶入りで……そして、ひどくまずい味にするんです」

誰もが前者で考えてしまうもの。後者に真剣に向き合うことは難しい。
でもマネタイズのことを考えた時、マーケティングしやすいのは後者だったりする。なぜなら差別化しやすいし、インパクトのある売り込みができるから。

脱帽ですね。逸話として紹介したいと思います。
F1やエクストリームスポーツのスポンサーになっているところからブランディングに成功しているというのはかなり強くあると思っています。過酷な状況で戦っている人が頼っているドリンクというのは価値がありそう。そして、ライバルになっているモンスターのほうが美味しいという話はあるが、結果的に「劇的にまずい」味が癖になることで、今やスタンダードになってしまっている。
徹底して消費者wに心理戦を仕掛けた面白い事例ですよね。
こう思うに違いない、、、。仮説があった上にスポンサーのイメージ等も重なって、さらに増幅。
運と縁だけではない、戦略の賜物。

面白い記事です。
あの味が好きで、高いなと思いつつ買っています。美味しいよね?
そもそも缶入りエナジードリンクの殆どは人工甘味料使っている時点で失格。甘味料は後味悪いし、エナジードリンクなのにカロリー抑えてどういうつもりなのか、といつも憤っています。
なかなか売り場で見つけられないんだけど、キーバっていうエナジードリンクは安くて量が多くて最高です。もちろん甘味料ゼロ。
あれ?美味しいと思っている私は少数派だと今気づきました。タウリンの含有量でリポビタンの種類を選んでいた身としては、ソフトドリンクのように一気飲みせずに楽しめるレッドブルは嗜好品。長時間の運転や夜遅くまで外にいることがわかっている日は、ストックから一本取り出します。

以前に比べてコンビニでもどこでも手に入るくらい普及しているし、路上を走るレッドブルカーは目を引く。街中でのゲリラマーケティングが懐かしいですね。なんて書いていたらやはり味を思い出した。断言したいと思うが、レッドブルは美味しい!
時価総額
26.4 兆円

業績