新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
海外からの水素輸入方法の具体的な投資としては、川崎重工が主導の液化水素船が先行し、既に1250立法メートルのパイロット船「すいそふろんてぃあ」が進水しているが、これはトヨタMIRAI1万5000台分しかない(大型石油タンカーはガソリン車750万台分)。しかも、脱炭素に必須のCCSの実証実験は評価結果が今のところ思わしくないそうで。

今後128倍の16万立法メートル級を建造するとのことだが、今度はそれだけの規模になると需要の方が重要になる。急激にFCVが増えるわけではないので、水素発電が需要増に貢献するが、そうなると水素純度がオーバースペックになる上、アンモニア発電との輸送・貯蔵・発電コストの勝負になる。
川崎重工業株式会社(かわさきじゅうこうぎょう英語: Kawasaki Heavy Industries, Ltd.)は、オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶などの輸送機器、その他機械装置を製造する日本の企業である。三菱重工業 (MHI) ・IHIと共に三大重工企業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
4,120 億円

業績