新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
本当に弱っている人は心療内科に行った方が良いです。
無理は禁物です。初動を誤まると時間が掛かります。
人気 Picker
うつっぽい人に「大丈夫?」と聞いても「大丈夫」と返ってきて、本当のことは聞きづらいもの。心配な時に聞く質問として「眠れてる?」「休日は何してた?」はたしかにうつのサインを察知する上で使いやすい質問です。特にステイホームで不調を見逃してしまいやすい今だからこそ、周囲の人の声がけやメンタルヘルスのリテラシーが重要。
つい「大丈夫?」と声をかけがちだが、 質問に工夫をすることで 状況が掴める。 早速実践してみよう。
ストレスに対して早めの対処が大切。うつ病に移行する前に適応障害の段階で治療を始めれば、抗うつ剤などの薬物療法なしで、環境調整、カウンセリングや認知療法のみで、症状の改善を図れることも多いです
関連記事一覧
2020年代は「大失業時代」到来か 「人よりテクノロジー」産業構造の変化も背景に
AERA dot. (アエラドット)
300Picks

何があっても「平常心を保てる人」「いちいちビビる人」の決定的違い
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
192Picks

五月病予防にも。休み明け、明るい気分で仕事に取り組む8つのヒント
ライフハッカー[日本版]
119Picks

「もう辞めたい」 コロナ下の五月病、どう乗り越える? 専門家に聞く
河北新報
70Picks

社会人が抱える孤独の病、特定の年齢層で多い傾向に
Forbes JAPAN
31Picks

心が折れない人が「もう終わりだ」と思ってから発揮する3つの力 - 負けず嫌いほど実は折れやすい
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
20Picks

精神科医が教える「あなたを嫌う人の9倍、あなたを応援する人がいる」 - ストレスフリー超大全
Diamond Online
5Picks

「それ、五月病じゃない?」と軽口たたく上司は20代から嫌われる
「それ、五月病じゃない?」と軽口たたく上司は20代から嫌われる|OCEANS オーシャンズウェブ
4Picks

病を抱えた「おひとりさま」、その深い孤独を誰が和らげてくれる 「おひとりさま」と末期がん、本人と周囲に起こること【5】
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
4Picks

抜け毛、息切れ、味覚異常無症状の若者を襲う「コロナ後遺症」の4つの病態 - 「コロナ慣れ」が招く後遺症リスク
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
3Picks