新着Pick

米FRB、量的緩和縮小討議する時期ではない=クラリダ副議長

Reuters
[5日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は5日、FRBは経済に重要な支援を提供しているとし、第1・四半期に経済は大きく成長したものの、FRBの目標達成までにまだ長い道のりが残されていると述べた。
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米CNBCのclosing bellでオリジナルのインタビューを流していましたが、クラリダ議長自身も景気回復には自信を示し、今年の成長率が6〜7%に達すると予想していることを明言しました。

それでも、少なくとも現時点でテーパリングの議論が時期尚早である理由としては、雇用の回復が幅広く行き渡っていない点だけでなく、景気の先行きには依然として不透明性が残る点を挙げた点が印象的でした。