新着Pick

Uber→WeWork立ち上げた36歳が選んだ「次」

東洋経済オンライン
めまいがするような華やかな経歴の中で、身につけたのは大企業とベンチャー、日本と海外の視点や違い、ニーズ、課題などすべてを的確に把握する力だった。ソニーを経て、Uber Japan(ウーバー・ジャパン)社長とし…
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビジネスパーソンには「0→1」が得意なひと、「1→10」が得意な人、「100→110」が得意なひと、また楽しさを感じる部分の違いも異なりますよね。この中で、創業社長として「0→100」をやっている人は、各フェーズの能力を備え付けていって成長している。また各フェーズで信頼できる参謀とパートナーシップを構築しながら企業を育てていくことができるのか。自分もこの年齢になってきた所でようやくこのあたりの特性や好みが自覚できるようになってきた気がします
地味な作業を自道に行われていることがとても重要で派手なところだけでなく、このあたりが伝わらないといけないというのはそのとおりだと思います。
ーー
事業を立ち上げるというのは、そこにいるメンバーとそのメンバーが知っている人以外は知らない。なので、知っている人たちにひたすらコンタクトをして、その先というのは紹介してもらうか、もうダイレクトに行くしかない。だから、もうその繰り返しですよね。
華やかな経歴とは裏腹に泥臭い内容で面白い記事でした。
高橋氏も話ししていますが、「地道にコールドメールを送る、それが起業」というのが起業の本質なのかと思いました。

とはいえ、地道にコールドメールを送るだけでここまで大きくするのは難しいと思うので、他にも何か秘訣があるのかと考えています。

業績