新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
記事にあるように働く世代の方が職場や会食などから感染し、家庭内感染でその親世代の方たちが重症化するという事例は頻繁にみられます。家庭内、学生寮、高齢者施設、病院など生活を一緒にする環境下ではいくら対策をしていても感染拡大を防ぐのは難しいのが現実です。それぞれがなるべく生活環境の場に感染を持ち込まない努力が重要です。
人気 Picker
度々聞く「感染力が上がったと思える」「重症化のスピードが速くなったと思える」という警告は真摯に受け止めたいと思います。

感染しないよう十分に気をつかっていても、このご家庭のように、集団の中での感染者が一人でもいれば意味がありません。新型コロナ感染症では、重症化して心肺系にダメージを受けた場合、後遺症が残りやすいと言われています。できる対策をして、感染しないように備えたいと思います。
タイトルだけ見ると、小さい子供からのようにとれますが、記事中に出てくる事例は30代の子供から同居のお休みへの感染です。

もちろん子供とか若者だけが悪いわけではなくて、逆もあり得ますし、
とにかく、家庭内感染を防ぐのは難しいという前提で、誰もが外から家庭内に感染を持ち込まないようにするに限ります。

家庭内感染を防ぐよりも、外での感染を防ぐ方が圧倒的に予防しやすいです。
変異株で若年層にも感染しやすくなっている影響