新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
第四波がやってきたのではありませんか。
いままでの三波からどんな教訓を汲み、政策を作っていくか、中国から見ています。
私は菅政権がきっと今度こそきちんとした対策を取ると期待しています。
さもなければ日本経済は2021年から好転するなどは難しくなるかもしれません。
中国を嫌うので、中国のコロナ対策をさておき、せめて韓国や台湾の対策を少しだけ参考にして対策を取るのはいかがですか。
人気 Picker
ピーク時に日本の数十倍の陽性者と死者が出た同じ島国の英国は、3割の病床を新型コロナウイルス用に回し数万人のボランティアを育成してワクチンの接種を進め、4月26日までの直近1週間の陽性者と死者を人口100万人あたりそれぞれ33人/日、0.2人/日まで劇的に下げました。片や我が国は過去のピークとさして変わらぬ40人/日、0.4人/日の陽性者と死者を出して3度目の緊急事態宣言に追い込まれ、その結果、人の移動を止めるという点でそれなりに成功したということですね。
緊急事態宣言が効果を発揮したのは目的に徴し良いことですが、これは国民の賃金の原資であるサービスの生産を止め、国民をその分、確実に貧しくすることと同義です。英国同様の緊張感を持って医療体制の整備とワクチン普及に注力していれば、このGW、こんな寂しいことにならずに済んだはずなのに・・・ (*_*;
去年とは外部環境も人々の心持ちも異なるので比較すること自体にあまり意味を感じていません。

数字をもう少し丁寧に発表してほしいですが、
・一定の効果はあった(夜間や飲食店への人流は抑えられた)
・ただ、国が期待している効果ほど外出は抑えられなかった
・遠出する人が近場需要になった(同圏内・日帰り・車移動)
みたいなところなのでしょう。

あくまで外出をおさえることが目的ではなく、コロナを抑制することが目的なのでそれに対しての効果がどうだったのか(意味があったのか、なかったのか)等、感染者の増減や把握できる経路をみながら分析してほしいなと思っています。
>仕事で沖縄県を訪れていたという30代の女性は、「観光客が意外に多く、夜遅くまで営業している飲食店もあり、感染のリスクが少し心配だった」と話していました。

いつも思うことですが、自分以外の人は動いて欲しくない、自分だけ特別という、ある意味非現実的な願望があるから、こう思うんだろうなぁ、と。
地元の人からしたら、「あなたも訪問客の1人」ということを忘れてはいけない、ということでしょう。自戒の意味も込めて。
忘れていたが、もう一つの緊急事態宣言は、まだ解除されていないのだった。

すなわち、原子力災害対策特措法に基づく緊急事態宣言は2011年3月11日以降ずっと継続している。

緊急事態宣言を2つも発出され続ける国は、世界では稀なのだろうか?
結局、スーパーでの買い物程度しか外に出なかった者には
テレビも見ず、街にも出ないと、世の中どうなってるのか、このようなニュースの伝聞かネットでの交通情報で知ることになる。あとは友人づての情報か…

ニュースを鵜呑みにして「ケシカラン」とか言わないようにしたいものだし、街の意見みたいなエモーショナルな描き方にはクリティカルシンキングで接したいものだ。
海外赴任とそれに続いたコロナの影響で約2年間規制できていないので、この感覚には共感します。改めて『当たり前』のありがたみを感じています。

---
東京から大阪に帰省していた20代の男性は「次はいつ帰って来られるかわからないので、少しだけでも帰れたらと思い帰省しました。帰省中はずっと実家で過ごしていました」と話していました。
高速渋滞はGW最終日で何かしら日帰りでも遠出しようか的な感覚で交通量が増えたのではないでしょうか。
コロナでSTAYHOMEで静かな日々が続く中、天気もパッとせず、何だかなーという気持ちで今日を迎えている人が多い気がします。とはいえまた直ぐ土日だから頑張りましょう!
混雑してたから何なのか、してないと何なのか、その検証が無いのでは全く無意味。無意味なことで人の首を絞める政策には反対し続けたい。