新着Pick
405Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これまでfitbitでバイタルデータのモニタと睡眠分析を実施してきました。

fitbitは、バンド型と腕時計型なので、Apple Watchと併用に抵抗があります。

そう考えると、Ouraは、Apple Watchとの併用の相性が抜群かもしれませんね。

fitbitの睡眠分析は精度が高いので、Ouraがどの程度かベンチマークしてみようと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人気 Picker
これなら24時間ずっと身に着けることが可能なのでログを取っておくという意味では最高な気がしますね。サウナの中でも大丈夫なようです。人生でリングを着けたことはほぼないのですがこれなら使ってみたいなと思います!
体温が測れるのはよいですね。
それがプロスポーツ界に入るきっかけになったようですが、タイトルは睡眠についてですね。

トラックしても睡眠の質は高まらないどころか逆効果もあるので、使い方には気をつけた方が良いです。
まずは消費者コメント。愛用中です。とても良いです。全く負担感が無いのに、知りたいことをかなり教えてくれる。

事業としても、世界中の人間の24時間データをここまで取れるというのは凄い。睡眠データの精度が高いし、腕時計は外して寝るけれどリングは外さないので、膨大な睡眠データが取れることは競争優位性として高いものがあるのでは。エーザイは良い判断をしたかもしれませんね。
先日、トランポリンでバク転をした際に、ぎっくり腰になりました。

その日は、リングの記録を見るのをサボっていたので、後になって前夜のouraリングのログをみたら、100点満点中37点。
過去最低の点数でした。

身体の疲れが取れてないから無理はするな、と警告が出ていました。

確かに身体は重かったものの、身体を動かして温めた方が疲れが抜けるとか思ったのが間違いでした。

これまで、50点を下回った日は他にありません。
初めて低い値が出た日に、予測通りに身体を壊す。
偶然の要素もあるのかもしれませんが、恐ろしい精度だと思います。

今後は、リングの言うことは聞いておこうと思います。
Apple Watchを寝るときにも付けて、オートスリープというアプリとともに、睡眠ログをとっています。
ログを取ること自体は、睡眠の質を高めませんが、睡眠ログをとり、毎日のパフォーマンスや体調と比べつつ可視化する事で、劇的に睡眠に対する意識が上がるので、早く寝たり、しっかり十分な睡眠をとるようになりました。体調は極めて快調に。
コロナ禍で、リモートワークが多くなり夜の飲み会もなくなったのも影響大きいのですが。(^◇^;)

けれど、Apple Watchは、フル充電しても24時間バッテリーが持たないので、寝る前に追加充電していて、付け忘れたりすることが多くて、この『指輪タイプ』なら、そのリスクがないな!と。

つまり、ひと言で言えば、『これ、欲しい〜』です。
Oura が100億円調達。第2世代のものを使っている。発売から2-3年経つが未だにファームアップデートが不定期に入る。手首のデバイスよりも軽く、ライフログとして面白い。第3世代も楽しみ。

Forbesの記事が詳しいです。
https://www.forbes.com/sites/alexkonrad/2021/05/04/ouras-sleep-tracking-ring-raises-100-million-to-move-further-into-personalized-health/

4/29にBloombergがリーク記事を出していました。
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-04-29/oura-health-is-said-in-talks-for-funding-at-800-million-value

Square , Forerunner Venturesというのは合ってた。主導はThe Chernin Group.
https://vcnewsdaily.com/OURA%20Health/venture-funding.php
リングの発想はいいですね。
日本には結婚指輪の文化もまだあると思いますので。

睡眠の質をモニタリングするのも大切ですが、睡眠の質は1日の身体を使う時間と頭を使う時間の比率が影響しますので、その時間を計測?するのも大切かなと個人的には思います。
睡眠の質だけ知っても、バランスが崩れた時に何を調整すれば良いか分からないので。

どんどん広がる自己健康管理。こころ豊かに暮らしていくために必要な事だと思いますので、ますますの発展が楽しみです。
色々なデバイスがまだまだ出てくると思いますが、睡眠関連の計測・分析はまだまだ活況ですね。

私も睡眠アプリを毎日使っていますが、ちょっとしたエンタメ要素を感じてみています。

楽しく健康増進出来るのが良いですよね♪
僕も使用していますが、
アスリートの視点からでもとても使い勝手が良いです。

重要視されている『睡眠』に関しても、
点数で評価、
心拍数も管理してくれる。

自分の『睡眠』の質の改善に繋がる。
そう、Oura Ringといえば、前夜の睡眠のスコア。これは毎日、かなり気にするようになります。あと、バッテリー残量少なくなると、充電のアラートがしっかり通知来るのも、当たり前と思われながらも便利機能として。
ウェアラブル先駆者のfitbitはIPOに至ったあと、有料サブスクのfitbit premiumのサービス開始。その後、Googleのエコシステムに入る決断として買収受け入れ。
一方で、安価なリストバンド型トラッカーは、デバイスだけ見ればXiaomiがfitbitの1-2年先の機能を半額以下で提供中。
Ouraはリング型というデバイス特性と、睡眠に強みを作りながら、どう成長していくのか。楽しみと不安?が入り混じる。