新着Pick
756Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プラグさんとの共同研究は非常にエキサイティングでした。いまは技術アドバイザとして少しだけお手伝いしています。先日もZoom会議で非常に面白い取り組みを伺って私もアドバイスをしましたが、その内容は秘密。

さて。このようなAIの取り組みで多くの方が心配されるのが「AIに判断を任せると金太郎飴のようにすべてのデザインが一緒にならないか」ということです。私個人としては、それは起こりにくいと思っています。最適化する先が売上ではなく、好意度や狙った印象をちゃんと想起させられるかということを指標にしているというのもあるでしょうし、デザイナーさんが手直しをするという工程も含まれています。どのレイヤーの消費者を狙うかも、各商品・メーカーで異なってくるでしょう。

むしろ、このようなAIは「狙ったとおりのデザインになっていませが、再考しませんか?」という提案をしてくれるものだと思います。人間にアドバイスされるとカチンとくるかもしれませんが、AIが言う事なら「AIは分かってないなぁ。でも、言われるのも悔しいからAIがギャフンというデザインに変更してみるか」という感覚になれるのではないでしょうか。また、これまでは人を集めてアンケートをとっていたので時間も費用もかかり回数も限られていましたが、これだと事実上何度でも検証が可能です。もちろん、予測精度は100%にはなりませんが、人同士の意見もお互い異なるものなのでそもそも100%の精度を目標にするものでもありません。
おもしろい取り組みですが、この手の努力は売り上げの過半を支えるコアなファンには一顧だにされないような。その点で湖池屋のり塩は至高。
デザインで、フォーカスをきちんと作れているかのヒートマップと、どんな感覚を想起するかのイメージワードをAIで分析と。面白いですね。特にイメージワード。デザイナーは、様々な要素のイメージワードを感覚的に捉えていて、それによって全体的な統一感や一貫性を作り出しているかと感じてました。
機械学習によるアウトプットはその結果を導いた背景・理由を知れることが重要だと感じています。いわゆるPDCAを回すことが商品開発によらず全ての仕事に重要だと感じますが、その営みを支えるAIは強いですね。

---
AIはよくブラックボックスだと言われるが、パッケージデザインAIはこのデザインの好意度がなぜ高いのかなど、デザイン評価の理由まで紐解ける設計になっている。
(省略)
パッケージデザインAIの活用メリットは、大きく2つある。(1)商品開発の高速化、(2)デザイン修正の多頻度化だ。
「パッケージデザインAI」の深掘り記事。売上にも大きく寄与していて凄いです。プロピッカーの山崎先生のお力も大きかったのですね。

下記記事もご参照。
【パッケージデザインの好感度を教えてくれるAI】
https://newspicks.com/news/4722774
マーケティングってほんとクソだな
祝日公開がもったいない記事...!
森永乳業株式会社(もりながにゅうぎょう)は、東京都港区に本社を置く、日本の乳製品メーカーである。森永製菓とは兄弟会社の関係で、モリナガグループを形成している。コーポレートスローガンは「かがやく“笑顔”のために」。 ウィキペディア
時価総額
2,880 億円

業績

ネスレ日本株式会社(ネスレにっぽん、ネスレにほん)は、スイスのヴェヴェーにある売上高世界最大の食品メーカーネスレ (Nestlé S.A.) の日本法人である。日本ではコーヒーが主力商品だが、菓子やパスタ類なども扱っている。本社は兵庫県神戸市に所在。2013年に創業100周年を迎えた。 ウィキペディア

業績

カルビー株式会社は、日本のスナック菓子メーカーである。シリアル食品(グラノーラ)なども製造・販売している。 ウィキペディア
時価総額
3,435 億円

業績