新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アメリカには住民票という日本の概念がありません。ましてや戸籍制度など何それ?カオスな移民国家で、多種多様な考えを持っている人がいます。

ですから、まず絶対にワクチン打たないという人は一定レベルいるでしょう。大都市圏以外は、信じられないくらい人が住んでいない田舎ですし。

ただし、憂慮すべきは、ワクチン接種へのアクセスが出来ない人です。
文字が読めない人、行政サービスが全く理解出来ない人が一定割合存在します。
あとは、車がない人もハードルが高い場合が考えられます。

このような方々には、アメリカではボランティアネットワークが機能することが期待されると思います。
人気 Picker
既に56%が接種していることが凄いです。ただ、ここから更に接種率を上げることは本当に大変だと思います。特にアクセスの更なる向上が重要です。
演説でバイデン大統領は、アメリカ人の90%がワクチン接種会場から5マイル以内に住んでいること、16歳以上の全ての人が今すぐ接種を受けられることなどを話していました。独立記念日までに接種率70%を実現できるか、注目したいです。
そして日本も、菅総理もバイデン大統領と同様な演説が出来るよう、ワクチン接種体制の更なる整備を進めて欲しいと思います。
蛯原プロも書かれている通り、イスラエルも60%台前半で止まっています。

国によって状況は違いますが、10%前後は絶対に打ちたくないと言う忌避する方々もいらっしゃいます。

今後アメリカのワクチン接種はどうやって進めていくのか。接種率がどのような影響を出していくのか。

また、日本も将来的に同じことに直面するわけですが、やはりどうしていくのか、どうなっていくのか。ワクチン接種が先行している国々に注目が集まります。
【再掲】アメリカではますます接種スピードが落ち、集団免疫まで到達できない、との論調が増え、バイデンはさらなるスピードアップの目標を表明。

来週にはファイザーで12-15歳で承認予定、余った州から足りない州への補填、ローカルの小さな薬局などへの展開、広報キャンペーンなどを予定しているそうです。
かなりチャレンジングな目標、というより、それをわざわざ掲げるという事自体が「好戦的」とすら言えるほどに、徹底的に対コロナ戦争であり対国際経済競争に勝つ強い意思に基づく。ダントツをひた走っていたイスラエルは60%台前半でストップしてしまった。アメリカも50%台で鈍感している。シンガポール周囲でもそろそろ私は打たない、という声も散見し始めている。

どの国もそうなる。そこでアメリカ(だけ)は、打たない自由も公平もかなぐり捨てて、エコ贔屓政策を進めるという話。日本もぼやぼやするなという話。それ以外にコロナ戦争終結宣言し、経済完全正常化して、人々の自由を取り戻し、国家繁栄し中国を筆頭に他国との競争に勝ち残る術は無いという、至極当然の理屈に基づくから。

実際ワクチン済みなら人混みない屋外でマスク外してOKなどエコ贔屓政策は既に進んでいる。今後この手のインセンティブ策を多数打ち込んでくるのだろう。

日本はその土台にすら立っていない。兵站獲得の段階で躓き、敗戦路線をひた走っている。
アメリカのワクチン接種率の推移と前月対比の増加ペースです。
1月末 7.5% (7.5%)
2月末 14.9% (+7.4%)
3月末 29.2% (+14.3%)
4月末 43.3% (+14.3%)
4月末までの直近1週間の増加は+2.3%、1か月あたり+9.3%の増加ですからペースが落ちているとはいえまだそれなりに増えています。5月3日の接種率が44.1%ですから、7月4日の独立記念日までに70%を目標にするなら1ヵ月あたり+8.6%のペースです。打ちたい人が打ち終えて抵抗感のある人が残るなか、今のペースを維持することができるかどうかが勝負の分かれ目といったイメージでしょうか。独立記念日を「日常生活に戻るための本格的な一歩を踏み出す」日として目標設定するあたり、いかにもアメリカらしいと感じます。
ちなみに同じ数字を我が国で見て見ると
1月末 データなし
2月末 0.3% (+0.3%)
3月末 0.7% (+0.4%)
4月末 2.0% (+1.3%)
4月末までの直近1週間 +0.7%(1か月あたり+3%程度)
米国が接種を始めたのは12月半ば過ぎ、本格化したのは1月に入ってからのことでした。米国の立ち上がり以降のスピード感と比べると、日本は未だスタート台にも立っていない感がありますね。日常の生活も景気も回復が立ち遅れるのは当然です。ワクチンの入手に道が付いたと報じられています。7月末までに高齢者に打ち終わるとされていますが、我が国も目標を明確に示し、手段を尽くして接種に努めて欲しい  (^.^)/~~~フレ!
一時は流行の世界的中心だったロサンゼルス、今日、イエローカテゴリーに移行する見込みとの報道がありました。4段階のカテゴリーの一番下。さらなる経済活動の再開が可能になります。

イエローカテゴリーへの移行の基準は:
●陽性率2%以下(現在0.7%)
●10万人あたり一日感染者数2人以下(現在1.7人)
東京(約6人)、大阪(約10人)よりもはるかに良い状況です。

カリフォルニア州ではすでに50%が1回目の摂取を済ませています。夏に向けていよいよ長かったトンネルの出口が見えてきました!!

ワクチンの開発者や医療関係者には感謝しかありません。迅速なワクチン開発を支援したトランプ政権、摂取ペースを一気に引き揚げたバイデン政権、両者ともgood jobです!
まぁそもそも1割以上が既に感染しているし、無症状の既感染者も同数いるとすれば、ワクチン接種が半分を超えれば、ほぼ集団免疫状態(7割超)と思われます。
問題はこれからも変異が出現することでしょう。
それにしても、この計画性と実行力、ホントに彼我の差を感じる。
この状態でまだオリンピックやるとか言ってるし・・・
遅々として接種が進まない日本と大きな差。本当にコロナは人災…

**
ワクチン獲得競争が激化しまくるのは去年から明白だった。そうしたなか、英国やイスラエルではトップがリーダーシップを発揮して直接交渉でワクチンを獲得。治験も急ピッチで行った。接種体制の構築も。日本は官僚任せで全ては平時と同じ対応。モデルナのワクチンの承認も5月以降と遅々としてる… たった300人の治験のために… 1日のワクチン接種人数もまだ15万人。

オリンピック開催は当初は楽観的だった。ワクチンが間に合うと思ったから。米英などはほぼ国民全員に行き渡るのが間近。日本はまだ170万人だけ。到底間に合わない… ここまでくると無事開催させるためには、選手や関係者、ボランティアスタッフに優先的にワクチン接種をやるしかない。ただリーダーシップがない今の政権にその意思決定ができる気がしない… 本当に全てがグダグダ…

ワクチンや病床の確保などやるべきことをやらずに、民間に不必要な我慢をじい続ける、コロナは本当に人災…
国民ワクチン運動会は続く。
トップ集団は少しずつだがゴールが見えてきた。
これが次の経済成長に繋がる。
日本は完全に負けた。。
思ったほどアメリカのワクチン接種が進みませんね。
7月4日までに簡単に終わると思っていました。
ワクチンに否定的な人が沢山いるからかもしれません。
ワクチンの数が十分にあってもダメなのですね。
しっかりとワクチンの重要性を説いていくしかありません。