新着Pick

大成建設とソフトバンクが「細胞培養」システム開発…5G活用、東京-大阪で遠隔操作も

読売新聞
ゼネコン大手の大成建設と携帯電話大手のソフトバンクが、遠隔操作で細胞培養を進めることができる新システムを開発した。大成建設のロボットアーム技術と、ソフトバンクが提供する高速・大容量通信規格「5G」を活用した。人手不足に
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近は,マスター・スレーブ制御と言ってはいけないのだろうか.
大成建設は細胞培養のような細かな遠隔操作システム(人協働ロボット)を以前から開発しているとのことで
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/190702_4666.html
そこに5G回線を入れたということですね.
デンソーウェーブ社のCOBOTTAを使ったバイオ系の実験デモは数年前から提供されてあり、これを5Gで繋いだいわゆるマスタースレーブ(今は専門的にはリーダー/フォロワーと言うことも)からとニュースになるとはちょっと驚き。

ソフトバンクと大成建設が組んだという文脈で読めばよいのか、しばし悩んでしまった。

連休でニュースなかったのかな…
大成建設のロボットの取り組みの2019年のニュース
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/190702_4666.html

2021/5/14追記:
なるほど、こういうことだったのね。
この記事からなら、面白さがわかります。
https://robotstart.info/2021/05/14/sb-taisei-pipette-robot.html
建設業界は課題先進国とも呼ばれている日本の少子高齢化を就業者の内訳が現しているように、熟練の技術者の高齢化と若年層の就業者数が減少し、人材の確保がますます困難で、省人化やAIの利活用が必要とされる中で、大きな最初の一歩となるのではないでしょうか。技術をどんどんAI化していき、段階的にインフラを変えていって頂きたいですね。
よくわからんけど5Gである必要あるのですか?
光回線の有線ネットワークじゃダメ?

5Gってあくまでも基地局・端末間の話ですよね?
インターネットを使う限り、5Gの先の遅延があるはずなのですが、代替ニュースだとその辺りが端折れているので良く分かりません。
細胞の専門家は誰なんでしょう。全てにおいて博士持ちが揃っていて初めてできそうな高度な分野融合を期待します。
大成建設株式会社(たいせいけんせつ、英語: TAISEI CORPORATION)は、日本の大手総合建設会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,128 億円

業績