新着Pick
1067Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランシオンがアフリカで強いのは、販売面では「(各社苦労しており代理店販売では到底届けられない)農村から売り始めたこと」、製品面では「電池が長持ち」の一択かと思います。自撮りするような人はトランシオンのフィーチャーフォンは買わないので写真写りは劣後。ちょうどいい水準のニーズにあった製品を、一生懸命売るというのは、アフリカでモノを売る成功律だと思います。

無許可でペインティングはどうですかね。民家に書かれた広告は私は見たことないです。店舗などに看板はたくさんつけていますが、あれは店舗にお金払っていると思います。だからこそみんなスペースを差し出し、街にはトランシオンの広告だらけになる。

トランシオンの携帯、小売店の看板、こちらに写真あります。

アフリカで携帯はどの程度普及しているの?通信環境は?
https://note.com/umemoto_abp/n/n400ef0b9f133

なお、トランシオンはアフリカ全体ではトップシェアで、スマホも最近になって台数ベースでも金額ベースでもサムスンを抜いてトップになったのですが、強いのはナイジェリアや東アフリカ、西アフリカで、南アやエジプトといった国ではまったく存在感がありません。

アフリカのスマートフォン販売台数シェア・国別
https://note.com/umemoto_abp/n/n4670a555e88c

アプリについては、Boomplayの次に、トランシオンがローンチしたフィンテックアプリのPalmPayがどうなるかですね。トランシオンはアフリカのフィンテックスタートアップへのシード投資も行っています。
携帯電話産業は成熟期を迎えました。サムスン、アップル、ファーウェイ……上位の顔ぶれに変動なしというのがここ数年続いてきましたが、凄まじい勢いで販売台数を伸ばしている会社があります。

それがトランシオン、「ハードウェアの聖地」深圳が生み出した「アフリカの王」です。2020年は販売台数を4000万台近く伸ばし、純増数では世界一です。

トランシオンはなぜ強いのか? その秘密を一言でつきつめると「究極のローカライズ」となります。現地の状況に合わせたマーケティング、ローカライズ、さらには取り締まりのゆるさにつけ込んだグレーゾーンの取り組みまで……。

こうしてニーズをつかみ、ブランドを築き、今では大きく飛躍し、ソニーと提携するほどの存在に。

アフリカで、新興市場で、いかに稼ぐのか。李路成さんにご紹介いただいたトランシオンのストーリーは気づきが詰まっています。ぜひ、ご一読ください。
「中国発で世界を舞台に活躍するベンチャー」の第1世代
とも言える①伝音Transsion(携帯メーカー × アフリカ)

時期を前後して以下のような企業も出てきています
・②Jollychic(EC × 中東)
 -世界のアパレル工場としての中国の優位性
 -現地特性(一夫多妻制)による高ARPUを享受
 → 中東No.1 ECにまで成長
・③Newsdog(ニュース × インド)
 -頭条Toutiaoを生んだエンジニア人材の基盤
 -現地通信環境への対応(オフライン動作の最適化等)
 → 現地最大級へ(中印摩擦の影響を受けるまで)
・④Moonton(モバイルゲーム × ブラジル・東南ア)
 -ゲーム先進国としてのノウハウ・優位性の輸出
 -現地向けマーケ・オフライン競技大会等
 → bytedanceにより買収('21年3月)
・⑤Musical.ly(ショートムービー × 北米)
 → bytedanceにより買収されtiktokに

彼らに共通する特徴をざっくりと挙げるとすると:
・決して「先見の明・用意周到なアイディア」も
「現地の知見・人脈」があったわけではない
・強いて言えば、あったのは、中国国内のネット大手や
 ベンチャー同士の熾烈な競争からくる強い「危機感」
 と、中国発ベンチャーとして何がユニークかという
 「強みの視点」
・そして、「結果として」それぞれに合った海外の市場
 で生き残り、やると決めた市場で徹底的にローカライズ
 を突き詰めて、成功を掴んでいる
→ 日本にも出来ないことはない(と信じたい...)

イノベーションの発信源("Copy/Learn from China")
中国で生まれ、海外で戦うことをためらわない挑戦心を
もつ中国ベンチャーが、今後も世界で注目を集める
トレンドは(分野によっては政治的な影響はあれど)
続くのではないでしょうか、なかなか刺激になります

(ご参考)
3年半前の記事ですが、中国ベンチャーの海外展開事例
(まさに第1世代のうち②③⑤)をそれぞれ軽く紹介した
ものを添付します
https://newspicks.com/news/2594161/
アフリカの王、面白い。

まだ普及してない農村部に先行投資して販売網を築くというのは、レノボがPC黎明期に中国でやったことと似ている。当時を知る人間に聞いたら、Tier-6都市ともなると農道で車が入っていけないので、自転車にPC満載して配送してたそうで。

6-7年前にインドのEC、Snapdeal創業者の話を聞いたけど、彼もまず社会貢献を兼ねて農村に電気を通すとこからやったと言っていた。ただ、Snapdealが大資本で物流網に投資しまくったAmazonやFlipkartに押し込まれたように、このアフリカの暫定王者もどうなるか全然わからない。益々面白い。
本記事と合わせて下記記事も読むと、コロナ禍の中での動きや株価の上昇ぶりもわかります。
https://chinaafricaproject.com/student-xchange/how-transsion-africas-top-mobile-phone-maker-defied-the-odds-and-grew-its-market-share-during-the-pandemic/
ちょいグレーのローカライズ戦略とはいえ、マーケティングの基本4Pに則っています。

product(どんな製品)
・背景が暗くても黒人がきれいに自撮りできるカメラ
・いちいち抜き差ししなくても、電話ができるように格安フィーチャーフォンでもデュアルSIMに対応した機種
・通常の携帯電話の10倍という大音量
・汗に強い素材をボディ
・最長20日間という長時間待ち受け

place(どこで)
・販売店の多くは、いわゆるパパママショップのような、小さな雑貨店

price(いくらで)
・小売価格で1台3000円程度

plomotion(どのように)
・ポスターなどの宣材を配る
・停電の真っ暗闇の中でも唯一輝いている
・農村部では電柱や民家の壁に、無許可でペインティング広告を書き込む

山寨機メーカーが淘汰される中、
経営を持続させるには、やはり戦略の徹底が必要だと再認識しました。

トランシオンを知らなかったので勉強になりました。
また次回に期待しています。
知らなかったし興味深い。①が会社HPでTranssionという会社名ではなく、記事にも少し出ているTECNO、itel、Infinixというブランド名で商売している。フィーチャーフォーンだけでなくスマホでも、②をみると2020年のアフリカでのマーケットシェアでSamsungを抜いてTECNOがトップに立ち、3ブランド合計では37%と圧倒的トップ。またXiaomi・OPPOはシェアが伸びているが、それ以外はTranssion傘下の3ブランド以外はシェアが減っている中での成長が興味深い。
ローエンドから入ってマーケットシェアを上げて高機能化していくのは、数量やチャネルを抑えるという点でよくあるパターンで、またイノベーションのジレンマの典型ともいえる。シェアを背景に、アプリ・コンテンツエコシステムを構築しているのも興味深い。
https://www.transsion.com/tecno
https://bit.ly/3b5rFuG
50%のシェアで1位のTranssionに次ぐ、アフリカ2位のシェアを誇るSamsungで1/3の16%なので一強です今のところ。シンプルにマーケと消費者ニーズにこたえ続けて今の地位に。
スマートフォンへの移行、移行に伴う単価の向上、サービスの多様化が見込めるなら、4,5年はTranssionの成長に期待出来るのかな。

Samsungの急減が新型コロナによる影響で、これから巻き返せるものだとしたら、今後のシェアに変動があるのか気になる。

Transsionとは取り組みのレベルが違っていたと思いますが、インドのローカルメーカー(Micromax、Intex、LAVAなど)は、中韓のメーカーによりスマートフォン市場のシェアが落ち込んだ。
そのための対策が、徹底したローカライズとサービスの囲い込みになるのだろうか。もう一つ、ローカライズと言える点があるとしたら、アフリカ企業を支援するFuture Hubの存在も大きいと思う。

『Smartphone shipments share in Africa 2018-2020 | Statista』
https://www.statista.com/statistics/1104732/africa-smartphone-shipments-share-by-quarter/
どうせなら女王にすればよかったのに

(一瞬、「あれ、ヤルジャン」って思ってみたら「王」でしたね)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%8E%8B
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
241 兆円

業績