新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
世界のワクチン接種回数は10億回を超えました。次は日本の番です。ワクチン供給が足りないという時期はすぐに終わります。どう迅速に、できるだけ多くの人に広げるかが重要になります。

余ったワクチンをどうするかという課題を軽視するわけではありせんが、それ以上にもっと考えるべきこと、やるべきことがあるはずです。局面はもう変わりつつあります。
人気 Picker
この番組を見ましたが、一方日本ではそもそも予約を取るのが大仕事、余っているがロジスティックスが整備されていない、という海外の報道(以下)も聞いているので、リアルタイムの状況把握、何を優先するのかはっきりした方が良いと思う。
https://www.reuters.com/world/asia-pacific/japans-unused-14-mln-doses-covid-19-vaccines-point-logistical-hurdles-2021-04-28/?fbclid=IwAR3N1G4HXUI4eaT9PeyLOS1MvgzTLzeeRCxgbFMafGj1NUP_h4-BMXGahug
余ったワクチンは対象者でなくても会場の外で待つ人に接種している、と。米国でも同じような事例が報じられていました。スペインでは余ったワクチンを政治家などの有力者が先に接種して問題になりました。現場判断による柔軟な対応は役所の苦手とするところ。公正な形で極力無駄を減らすように対応してもらいたいです。
使い切れなかったワクチンがどうなるのか。フランスドイツ、韓国の事例、気になってたので興味深く読みました。
せっかくワクチン接種が遅れていると言われているのだから、すでに進んでいる他国の事例を学んで無駄なくスムーズに接種が進むようにできるといいですね