新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
確かに公私の区別はつきにくくなりましたね。
人気 Picker
リモートワーク環境における労働時間の管理については、ほとんどの企業の人事が悩んでいる気がする。

PCログオン打刻を義務付けたり、夜中に一通Slack返信しちゃったとかまで追うのか、追わないのかの議論があったり。

労働基準法が「オフィスまたは工場に出社して、出社している時間は役務提供する」という前時代的な前提で設計されている以上、その法律に当てはめようとすると無理が出るのは必然。

IT時代の働き方に合わせて労働基準法も大幅改正を期待したい。ください
「テレワーク関係ない文脈で増えたサービス残業だ」と記事に書いているのに、タイトルが『テレワークで増えるサービス残業』なのは何故なのでしょう…。


---
ADPの調査によると、サービス残業の内容は、失職もしくは退職した同僚がしていた仕事の埋め合わせか、純粋にパンデミック中に増えた仕事への対応のどちらかだという。
---
管理職のマネジメント不全の面は確かにあります。しかし、同時に人間の本性をどのように抑え込むかの課題を解決しなければなりません。すなわち、必要以上に頑張ること(それが意味があるかどうかは別として)が、自分の存在証明になるのです。そうでなくても、コミュニケーション不足な在宅ワーク。その中で、自分の献身的な努力を見てほしいという本能が働くのではないでしょうか。価値のある努力なのかどうかは別として。また、頑張ってる自分が好き、という逃れられない自己満足に縛られるものではないでしょうか。
テレワークはサボる社員をどう管理するかが課題とされてきたが、現実は働きすぎの管理が問題に。生産性が向上しているなら、長期的にはテレワーク拡充にシフトしますね。
場所と時間を拘束されている状態ではない限り、残業を認めない企業は管理体制が追いついていないのが原因。業務量と時間は個人でフレキシブルに調整し、勤務時間過多で心身のバランスを崩さないよう工夫しましょう。
サービス残業が増えたのは、マネジメントの怠慢というより勤怠管理をどのように行なっているのかという仕組みの問題では。隣に部下がいる訳ではないから、部下のマネジメントの難易度はあがる。でも、部下が働いた時間を正しく勤怠管理システムに入力さえすればサービス残業が増えるなんてことあるんだろうか。