新着Pick
599Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
実証実験を積み上げて前に進もうとする姿勢は見習いたく、また、こうした実験を後押しできる国民性を羨ましいとは
思いますが、

一方で、
記事の文言からは、この実験がワクチンの効果検証に関わるとは読み取れず、何を実証できるのか、というのには疑問が残ります。
「陰性を確認した3000人」とありますが、それがワクチンを接種した3000人なのか、接種の有無は関係ないのかで、意味合いが随分変わるように思います。


この1回の実験を元に安全性をアピールしたり、逆に怖がったりというのは非科学的なアプローチであるように思うので、そこはうまくデザインされているのでしょう。

誰も感染者がいなければ、何事もなく終わるのは当たり前ですが、

ワクチンの効果を検証するのであれば、感染者がいた状態でクラスターが発生するかどうかが重要だと思います。

ワクチンよりも「pcr陰性」の部分が強調をされているので、よくわからなくなってしまいました。
人気 Picker
イギリスは科学的で臨機応変ですね。危機に強い。こういう実験は日本では批判されて実行できないでしょう。
ロンドン在住の友人達によると、小規模で色々なテストが試みられているようです。

毎日血液を採り、免疫力がどう変化するか?
→在宅ワークの人と出社している人の両方
出社している人は、マスクをしない人、公共の場ではマスクをする人も比較したりしているようです。

100人くらい従業員がいる会社がテストに参加しているそうです。

抗体がある間に、敵→コロナウイルスを知り尽くし、闘いに備えるべき!という考えを持っていますね。

発想がやはり違います。羨ましい限りです。
日本政府もここまで肝のすわったことやってほしいなあ。
メディアが邪魔するのでしょうが。
すごい大実験ですね〜。

日本だったら、人命を実験の犠牲にするのかという批判が出てきそうです。

個人的には、各人が自発的に参加しているのだから「自己決定権の範囲内」だと思いますが…。
日本ではどの県も取れないアプローチだなと思ってしまいました。
国が変わるとここまで文化が違うものかと改めて。
これで何が分かるのだろうか。
本当に誰も感染していなければ、何も起きないのではないだろうか。
偽陰性なら話は変わるが。
オランダでも同様の実証実験をやっていました。コロナ前に頭打ちの傾向はありましたが、欧州のダンスフェス市場は大きく観光資源として重視する国や地域も少なくありません。今年のシーズンにはなんとか再開させたい業界からのロビイングの影響もあると思います。
ワクチン接種が進んでいるが故に可能な実験。今年の夏休みは長めに英国滞在したいと考えているけど、マスク無しに快適に過ごせそう
3千人がマスクなしで密なダンスパーティーを開き安全性を確認する。政府が! 首相が感染するなど対策が混乱した英国は、ワクチン接種が進み状況が改善。コロナ前への復帰を誇示するようだ。戦争に強い国だなぁ。それに比べ日本は(略)