新着Pick
409Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とても興味深いです。西側のあらゆる国々で、同じ現象が起きているという分析。納得感があります。簡単にコメントできませんが、この指摘は鋭いと思いました。

###
1990年代には、金融市場の規制が緩和され、資本の移動が自由になりましたが、そのような規制緩和を税制も調整せずに、徹底的に推進したのは中道左派の政党でした(米国ではクリントン政権時代の民主党、英国ではブレア政権時代の労働党、ドイツではシュレーダー政権時代の社会民主党、フランスではミッテラン政権時代の社会党)。それゆえに中道左派政党は、グローバル化の勝ち組になった人の政党とみなされるようになりました。
ほんまそれ。新反動主義においてオルタナ右翼の反対で起きていること。
環境関連も。

既得権がリベラルと結びつき、「科学」や「人権」「ファクト」など否定しがたい正義をうまく使ってカネと権力をむさぼる。感情を手玉にとる理性主義がえげつないな。
メリケン民主党も近頃そうだよねぇ、って思って読んだら米もハナシに入ってたんですねぇ

バラモンの例えは、発展途上国であるインドで、前時代的と見なされ表向きは廃止されている制度を引用して、同様の印象を与えるために使ったのでしょうが、その感覚がすでに「 バラモン」的である、と感じるのはワタシだけでしょうかねぇ インドの方々に聞いてみたいものです (人数沢山聞かないと解らないと思いますが)

(あ、ワタシも一応民主党支持ですよ、バイデンさんに投票しましたし)
うーんさすが皮肉効かせていますね。

左派が年月をかけてエリート化し低所得労働者の支持を失ってきたことは、欧米ともに紛れもない事実ですし、誰しも頷きやすいと思います。

(さらに、近年のリベラリズム(注: リベラルの意味は日米欧で全く異なりますし、特に欧州ではリベラルは左派を意味しません)は別の意味でもやや劣化していると思います。)

しかし一般論として、労働者と資本家の対立というシンプルな軸は、それをもって現代の政治状況を分析するにはあまりに不正確です。

左派は、参政権の拡大や労働者の人権擁護をはじめとして、歴史的・革新的なアジェンダを実現していきました。その成果として、幸いにも現代では多数ある対立軸の中の一つに過ぎなくなっています。
汎ゆる革新的アジェンダには保守派の抵抗がありますが、現代の左派が推し進める革新的アジェンダに対する対立軸(理想主義者たる左派 対 保守派)の多くは、必ずしも「庶民」を左派の側につけないものとなっています。人は基本的に変化を好みませんから。

最後に、「バラモン左派」という表現は、(ピケティの政治的価値観からは皮肉まじりにそう映るのかもしれませんが、)本質的な正しさというよりも、人々の反エリート感情を刺激して共感を得ているに過ぎないように思います。
あまり知られてない事実ですが、ケネディより前あたりまでは共和党の方が民主党よりもリベラルよりでした。もともと共和党はリーカーンの党ですからね。アメリカの赤青地図も真逆でした。たとえばHarper Leeのto kill a mockingbird(アラバマ物語)の一節で、開明的(リベラル)なアトカスが、アラバマの白人では非常に珍しい「共和党支持者」だと紹介される一節があります。

もっとも、保守・リベラルという対立軸の定義が当時からあったかはわかりませんが。
「バラモン左翼」と「商人右翼」ねえ…。西洋人ってホント二項対立が好きだよね。というか分断がどうのこうのいうのはそもそもの二項対立論があるからなんじゃないの?人間は右手も左手も持っている。
最大の皮肉はお金持ちを優遇する保守派が大局的視点で見れない庶民を利用して支持を集め、本来庶民のための政策を掲げる左派を庶民が理解できなくなってしまっている点ではないでしょうか。いつの時代も隙があれば利用してしまうのが人間のさがかも知れません。
これは米国の民主党を見ればよくわかります
中道と左派の党内対立が熾烈になっていますね
低所得者はトランプ氏かサンダースか、という分裂状態になっています
“バラモン左翼”の対抗には“ネオリベバイシャ(商人)”がいますね
これが現代の政治思想図のスタンダードになっています
「私たち」つまり階級と認識できるような社会構造が、経済発展により人々の自由度が高まり、その意識や認識が溶解してしまった結果ではないでしょうか。

日本でも、戦後、それぞれが「私たち」を代表する政党を支持するという縁故政治が主流でしたが、政治改革当時は、すでに自民党の支持基盤は、溶解しつつあり、選挙制度改革により、その関係がなくとも都市部のサラリーマンが、経済との結びつきで自民党を支持する様になった経過がありました。

未だに社会体制をどう変えるかでなく、自分の利益としての経済が浮揚すれば自分は良くなるという信仰にもにた投票行動があります。多少の振れ幅は、ありますが。

野党が支持を得るには、歴史的なことも含めて、現代日本の問題の本質を提起し、オルタナティブな次代の構想を提示して、それはどうやって可能なのか説明説得に粘り強く取り組むことが必要であり、加えて、国民自身が何ができるかも問題提起すべきだ。
左派がバラモンで、右派がヴァイシャ。
インドのように格差が固定化していることを意味するのかな