新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
足もと預かり資金残高や営業収益等でSBI証券と楽天証券が存在感を大きくしているとのことですが、手数料無料化が事業環境として前提となる今後は、本記事にある通り、売買委託等手数料以外の収益源の分散が重要になり、そこでもこの2社は他社に比べて先行しているように感じます。
特に、従来型証券・資産運用サービス付加価値がコモディティ化するなか、対面と非対面を融合した資産運用アドバイスサービス付加価値の提供がカギとなりますが、SBI証券と楽天証券はIFA等の外部金融商品仲介業者との連携が成果を上げつつあり、後発の他のオンライン証券等はなかなか追いかけるのが厳しいように思われます。
え?手数料ってこんな安いの?知らなかった…。普通の証券会社の手数料率ってなんなの?
マネックスグループ株式会社は、東京都千代田区麹町に本店を置く金融持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,689 億円

業績

楽天証券株式会社(らくてんしょうけん、英:Rakuten Securities, Inc.)は、インターネット専業の証券会社及び商品取引員。 ウィキペディア