新着Pick
25Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もう米国の経営者は人手不足の時代になるのを見越して相当な勢いで採用しています。ワクチン接種証明を持って世界中飛び回り、収益性の高い案件を根こそぎ取り、売上を増やそうと鼻息荒いです。ワクチンの遅れは、単に経済正常化の遅れではありません。ビジネスまで奪われます。未だに危機感のない日本は残念の一言です。
新規と継続、それぞれ下記で長期での時系列推移も見れる。
新規については55万件というのは金融危機のピークから1年後の2009年秋くらいの水準。なお、金融危機でのピークは65万件くらいで、今回のコロナは昨年4月は650万件超えた。その後落ち着く中で9月くらいからは70~90万件くらいの推移だった。
継続については366万件。これは金融危機後だと2011年夏くらいの水準で、ピークは2009年夏の650万件。コロナでのピークは5月の約2500万件で、6月後半に2000万件割ってから概ね単調減少。
雇用統計の失業率と比較してみていくと、2009年末前後に10%だった。今回は2020年4月雇用統計で14.7%がピークで3月は6.0%まで減少(2014年秋くらいの水準)。
差分は何かというと、飲食・小売などが中心だと思うが、一時的な解雇(Layoff)が大部分を占め、Permanentでは金融危機後のピークでは800万をこえたのにたいして、今回は450万ほどにとどまっている点。

新規:https://jp.investing.com/economic-calendar/initial-jobless-claims-294
継続:https://jp.investing.com/economic-calendar/continuing-jobless-claims-522
失業率:https://jp.investing.com/economic-calendar/unemployment-rate-300
Layoff:https://fred.stlouisfed.org/series/LNS13023653
Permanent:https://fred.stlouisfed.org/series/LNS13025699
米労働省が29日に発表した4月24日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は55万3000件と、前週の56万6000件から改善したそう。