新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今回の疑惑は首相の元上級顧問で昨年末に退任したカミングス氏の告発がきっかけ。英国ではダイソンの人工呼吸器開発をめぐり、首相が特例的な税控除を認めたのではないかという密約疑惑も表面化し、これもカミングス氏によるリークがささやかれています。元側近に刺された形で、より大きな「爆弾」が控えているのかもしれません
人気 Picker
5月6日の地方選を前に、色々なことが報道されている。26日(月)、デイリーメール紙は、昨年10月の首相官邸会議の席で、ジョンソン首相が「let the bodies pile high in their thousands' than allow a 3rd lockdown(3回目の封鎖を許可するよりも数千人の死体を積み上げよう)」と述べたことを報じている。これもまた、大いに非難されており、ジョンソン首相は二重の釈明に追われている。
本件、ジョンソン首相は資金流用はないと主張している一方、選挙管理委員会は「違反があったと疑うに足る合理的な理由が存在する」としています。

「居住区域の維持費として税金から年間3万ポンド(4万2000ドル)が拠出されているが、これを超える費用は首相自身が支払う必要がある。」