新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
知り合いの若者に聞くと、今の若者の流行は株式投資とゴルフだそうです。
手数料競争となると、圧倒的にネット証券が有利です。

従来の大手証券会社は、ますますシェアをネット証券に奪われていくでしょう。

多数の従業員と支店という莫大なコストを抱えた銀行も、ネット銀行の後塵を拝しているし…。

金融業界内の地図が大きく塗り替えられている途上なのでしょうか?
誤解を恐れずに言うと、株価はガバナンスさえしっかり機能すれば国債や社債など債券より収益性が高く、上がるものです。これが世界の常識で、理由はレバレッジをかけるからです。事業を行う以上、RoA>借入金利です。そして、その差額が株主の取り分としてRoEを引き上げるのです。昭和のバブルは、規模がリーマンショックと比較して数倍大きかったため、株価は下がるもの、という常識が日本では長く定着しましたが、この考え方はバブルの後始末をもって終わりました。統計的には国富が下げ止まった2003年頃です。若者が手軽なポイント運用から入ってニーサなどを通じて投資することは、非常にいいことです。ただし、日本株は日本経済の行く末に連動しますので、ここはよく考えた方が良いでしょうね。30年前の日本は輝いていました。30-50年後の日本を想像して投資しましょう。
昨年の緊急事態宣言時に個人投資家がネット証券を使って投資を始めるという人が増えました。また10万円の給付金というのもプラスの効果をもたらしていると考えられます。